Hatena::Groupyagyuo

『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ(引き継ぎ版)

2008-12-05『やる夫で学ぶ柳生一族』71-5

『やる夫で学ぶ柳生一族』71-5

| 19:06 | 『やる夫で学ぶ柳生一族』71-5 - 『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ(引き継ぎ版) を含むブックマーク はてなブックマーク - 『やる夫で学ぶ柳生一族』71-5 - 『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ(引き継ぎ版) 『やる夫で学ぶ柳生一族』71-5 - 『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ(引き継ぎ版) のブックマークコメント

index

第三部_index

第三部_71_index

元スレ:やる夫で学ぶ柳生一族(やる夫スレヒロイン板版1)


326 :やる夫で学ぶ柳生一族(その71):2016/05/06(金) 22:26:52 ID:K5ll88Gs0

 それから、年が明けて、
正保四年(1647)も半ばを過ぎた頃…。

                    ________
                  ,.ィ升三三三三三メ,      γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                 ,イ三三三三三三ア/ム      |  …では、美弥殿。.  |
               ,イ三三三三三三ア/,<'//,\    ゝ__________,乂
            >く三三三三三三ア//イl| `'ミ//,\
        l二ア´三三三三三三>く彡イ:::|::|  /`'寺/≧=ァ
         `寸ZZZZZZZZZ彡イニニニニニニ7 _二><
         .|| l\ >´/ ̄l:l::| ̄¨ア ̄ ̄7__./二__|   |
  二 ̄ ̄ ̄7‐‐=彡_ ∠___∠」jl:|__,ィ───/__/__/_|__,,.. |
 ::i:i:i:/___/i:i:i:i:i|:|:::|:|:::|:|:::|:|:::|l‐.|:|::| .TT    _____,,..
  .:i:i:i:|」」」|i:i:i:i:|:|:::|:|:::|:|:::|:|:::|l |:|::|柳|::|「「「「i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
  ..」幵幵:i:i:i:i:|:|:::|:|:::|:|:::|:|:::|l |:|::|生|::||i:|i|i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
    . 二ニ=-[二二]」∟∟」L.l:|::|_|::||i:|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
      .          二ニ=- .」_||i:|i|i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
                        ̄  =-  i:i:i:i:i:i:i:i:i:
                                ̄ ̄

327 :やる夫で学ぶ柳生一族(その71):2016/05/06(金) 22:27:21 ID:K5ll88Gs0

    / ̄ ̄\
  /  ⌒  ⌒\
  /   (⌒) (⌒)ヽ    至らぬところはあるやもしれぬが…
 .|    (__人__) |   これより、夫婦となるのだ。
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /    よろしく頼む。
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /


       /    /        j    `ー''´
    , ',ィ  .:  / / ../  _,,.. -''´        ,. -''
    /´/  .:::: .:/ /:::/  :::ファ、       ,.-''´
     l.;イ .::::l :::l/゙!:/.: :::;イ::/  ヘ      l
     l:l ! :::::l::〃テl!l:: .::::l l/   l  ,. r-、 l
     ` '、:::::トl、ヒ;ハ ';::::::! ´ ̄`丶,' ´ /  ``
       ヽ::'、 `''   ヽ::l r'=テミ、 ヽ /
        l`` - .:::::. `` fーハ_,.ソ,.イ   :::: | 、::      いえ、こちらこそ…。
        ', l  :::::::  ヾ、ノ リ ̄/   ..::::;: ハノ     末永く、よろしくお願いします。
          ハ 、       `_,. -''´   ...:::/!,.く:::: : .
        l ', 、ヽ、   `' ´‐ - ....,,,, -''´:::::1ノノ::: : .
         ! , ', ` ´         l::  ::::::::::l´::::::: : .
       j /  '、_   __...,,, -‐l::  :::::::::l::l:::::: : .
  _,. --―//    ::く ̄l r''"´ _,,..イ  :::::::::l::::l::::: : .
/     ///   :::::!  l /' ´ ̄  l   ::: :::::l:::::ヽ:: : .
       /イ |   :::::ハ  l′      !   ::: :::::l::::::::::\
      ,' ,l   ::::;' ! /      !   :: :::::ト、:::::::::::
      ! l !  .:::/  Y      //   .: :::::l `ヽ、
       京極高通の娘・美弥(仮名)

328 :やる夫で学ぶ柳生一族(その71):2016/05/06(金) 22:27:57 ID:K5ll88Gs0
                        __
                       / ノ\ ヽ
                       |⌒ ⌒ |
          ,.-─=、          |(_人_) |
         /   /;. }         ノ:',、_ノ:l
        /',.  /ゞ!.l        /:´::ヽ 〃::`ヽ
       l  ',/、ノノ         ,..':::::::::::l:::`/:::::l::::::::\
        j‐'l´!ヾ/|`!ヽ     /:::::::::::::::l:::/::::::::l::::::::::::::',
       /l  | |V /! | jヽ    /:::::::::::::::::l:/::::::::::::l:::::::::::::::',
        |、ヽ | |' / l. | l/ |   /::::::::::::::;::::l:::::::::::::::::l::::::;:::::::::',
        | ヽ`| |′ | | j  |  j:::::::::::::::i::::i::::::, - 、::::i:::::i::::::::::l
.       |  ヽ! != ! !'   |  〈:::::::::::::::j:::i::::::::' - '::::::i::::i::::::::::〉
      j、  ',.| ̄ |ノ  ノ  '、::::::::::;':`:、:::::::::::::::::::;:::':`:::::::j、
.      ,' ヽ  ゝ-ニ、  / | /::`:ー::r'´`ヽ::::::::::::/´ `ヽ::':´::::ヽ
     l `/‐=´ー'`ー-=' !〉:::::::::::::::::`:ー:´:::::::::::::`:::´::::::::::::::::::j
_,.-‐--‐'  / {      }ゝ `、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
 ̄ ̄ ー´ ` ー─'‐一' ` ̄  ̄ ` ー‐---──--─‐一 ´  ̄

 この頃、宗冬は京極高通の娘を正室に迎えたと思われる。

 実家の峰山藩京極家は、京極氏の中では末流の家ではあったが、
譜代に近い格を持ち、その後、複数の若年寄を輩出することになる。

329 :やる夫で学ぶ柳生一族(その71):2016/05/06(金) 22:28:38 ID:K5ll88Gs0

           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \
    | ::|x  / ( ⌒)    ( ⌒)   |  .人     内膳!
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´   これでお前も、立派な一家の主だお!
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十   あの世の父上もお喜びの筈だお!
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \


    / ̄ ̄\
  /  ⌒  ⌒\
  /   (⌒) (⌒)ヽ
 .| /// (__人__) |    ありがとうございます、兄上!
 .|      `⌒´  |   今後、一層柳生家の為に尽力致します!
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ

330 :やる夫で学ぶ柳生一族(その71):2016/05/06(金) 22:29:08 ID:K5ll88Gs0

               ____
             /      \
           / ─    ─ \      …で、この際だから、
          /   -━-  -━-  \   お前にも夜の新陰流を直伝してやるお?
            |      (__人__)     | 
          \     `⌒´    ,/    ん?どうだお?知りたいかお?
          /     ー‐    \


    / ̄ ̄~\
  /  ⌒  ⌒\
  /   (○) (○)ヽ
 .|   '゚~(__人__)~ |    夜の…新陰流!?
 .|      (_/´  .|   御爺様考案という、あの技ですか…!
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ

331 :やる夫で学ぶ柳生一族(その71):2016/05/06(金) 22:29:35 ID:K5ll88Gs0

< マズハコウカマエテ…

<オオオオオッ!?

               _,,,,.. -‐''''''''''''''-- ,,,_    , ィ
              , ´    / ̄` ト 、   ` ゝ '´ /
              /       /  . ..::',  ` - '´   , '
           /     / . /  .::..::::::;イ      , ' ヽ
              l /   . .! :;.:! .:::;ィ/ノ       〈   ',
.           l1 . l ::l::l :::ハl :://   ̄`丶  __j  . l
             l :!:l. .::'、ト/=ミ、 :!ヽ 、___ lイ  / .:.:: !     …祝言の夜に、正室を放って剣術談義なんて、
            ヽ'、ト、::',(ノ)`ヽl   r;=;=;ミ、ノィ´  .::l::: l    流石柳生家、といったところなのかな…?
               } `:`ヽー‐,     、ヒノ_, /.::: .:;ィリ:: l
            j.! :::l  ,      、-‐'´;;z;;イ/l }:: l      上手くやっていけるのかな、私…。
             l:l ::::ト.   .._   u  ̄ l:::::::::::l/:: !
               l:l :::::l::ヽ `ニ‐      ,l::::::::i::l:::: : !
              ノj ::::::l::::rヘ    __  - 7:: :::::l;:!:::: :l
             /.イ . ::::l::::}`‐二 ̄ 、   /1:: :::::lリ:::: :l
        ,.-'´/| :. ::::{::j    `ヽ_7rニィj: :::::l:::::::: !
       ∠-‐/   l  :..::ヽ{      ///::l:: ::::::l::::::: l
      /    { .   ',  :::::ヽ  \ 〃/`゙j:;! ::::::l::::::: l
.     /     ', :、  ヽ  ::::丶、     〃! :::::::ト、:::.'、
.    j      ';:ト、  ,\ . :::ヽ  l、  /| :: :::::! `ヾ
   {         ゙l ',  l, l;ト、 ::. ::ヽ l l   l  : :::::l   ヽ

332 :やる夫で学ぶ柳生一族(その71):2016/05/06(金) 22:29:58 ID:K5ll88Gs0
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::...  ...:: :........ ... .  .....:::...  ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.. .......  .....::             ..  ...:: :.... .... ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::.. ... ....:::::... ...─- 、    .. .. ...:::.. ... ....:::::... ...:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::...::: .........:::: :......    /      ヽ   ..:: :.... ...:::.. ... ....:::::... ..::::::::::::::::::::::::
::::::::::::.. ...: :.... .::::..... ...:::..       l     ..... ...:::.. ... ....: ::::... .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.........: ::... ...     ヽ       /   .. ... ...:::.. ... ....:::::... ...: :..::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::. :. .:::::: ::.... .::::.....     ` ー--‐'   .... ...:::.. ... ....:::::......:: :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ...:::.. .... ...  ..  .: ..  ..: .:::.. ... :. .:::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. .:::::: ::.... .::::..... . :: :.. . ... :. .::::: ::.... .::::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ デハ参ルゾー!/ \アイエエッ!?/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____________
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\_\_\_\_\_\_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::\_\_\_\_\_\_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::\_\_\_\_\_\_

 嫁取りは何事も無く無事に済み、
こうして、宗冬も改めて一家の主として身を固めることになったのである…。

333 :やる夫で学ぶ柳生一族(その71):2016/05/06(金) 22:30:38 ID:K5ll88Gs0
         . _ -―‐、__
      __ .:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    ,',r'"`ヾ::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ            この宗冬の嫁取り、
   〃 /::::,へ::,r'ゞ、::::::::::::::::::::::::::::::',          年代について正確な記録はないけど、
   !l ,'::::,"´ ̄゛`ヾi:::::::::::::::::::::::::::::::‘,         .前後の状況を考えるに、まず、
   i! .::::::i      !::::::::::::::::::::::i:::::::::::i         正保四年後半から慶安元年の間でしょうね。
    {::::::{ ,--、   _j::ハ:::::::::::::::i:::::::::::| 
    !:::::::!       !/ヽ:,::::::::::::::j:::::::.:::!          というのは、
    、:::::::!´迅     イヾ:::::::::::::::::::::/
     ヽ::::!       、以::::::::::::,:::::/           1:嫁に対する宗冬側の家格の問題
      ヾ!、    ,     j:::::::::::::::ゞ、           2:宗矩死去による服喪期間
       ヾ\ 、__,   /:::::::::,ヘ:::! \,--、       .3:第一子の誕生時期
       ヽ;:::ヽ、__ , .ィ : :_:/   `  /: : : :`、
        ゞ;! y': : /!,/ヽ`   i: : : : : : : `:     これらの条件があるからなの。
           {: : : i   ヽ   ,': : : : : : : : : : ヽ
           \: i ヽ  ´   i: : : : : : : : : : : : : ',
              }i       j: : : : : : : : : : : : : : ',
             !:!      ,': : : : : : : : : : : : : : : `、


        .                   /^\     \\ | |
                             ,,.. /   \ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ` 、
                           /  {          __   \
                         /    {             }     、
                       /  ./  {   /^ ,        .}       ‘,
                    /    {   {  ,   ‘,      |  |         ,
  …よくわからない。     {   /{ i!‘   { __‐ ‘, .、   |  |       i
 順番に説明して…。 .   ∧  / Vハ‘, { T抃‐ァ∨\  } /       |
                      ∧ {    \V  し'   〉、 .}\∨         |
                     ∧!    く       / \} }_         |
                           }      /    / }           |
                          Yつ    /    ィ/_ノ         |
                             ― 厶ィ   }              乂__
                              、_\      }/}        \{ ̄
                               _ -=ニ‘,    / ∧         \
                       ‐=ニニニニニニ‘,  ,,.厶イ ̄\ \__>‐――

334 :やる夫で学ぶ柳生一族(その71):2016/05/06(金) 22:31:29 ID:K5ll88Gs0
             /:::::::::::::::/ ∧::::/::i ト、
           ,.、/:::::::::::::::/⌒丶、,イ⌒i::|::::ハ
          ノ /':::::::::::::::/        /人:::::::::i         そうね。
        イ く/:::::::::::::::iト‐- 、     /  i:::::::::i        まず、「1:嫁に対する宗冬側の家格の問題」についてだけど、
        ヽ  `、i:::::::::::::ト==ヽ `   -‐、 i:::::::::i|        これは単純に、大名家の娘を嫁にするからには、
         〉= |:::::::::::::|fェj)    ィ=-、`.|:::::::::.|i        釣り合うだけの格が宗冬の方にも要るけど、
.         7 ̄.i| ト:::::i::::|`      iェ)〉 /:::::::::::i        .それが満たされたのが分家されてから、ということなのよ。
        /: : : ル 、::::.ト、i    、  ` ' /:::::::::i .|
       /: : : : : : \::::\ 、       /// ハ ノ          .分家前だと、下手すると部屋済みだった可能性もあるし、
      /: : : : : : : : : ∧ヘ.i     '  /彡/ //.::\       それでなくとも三百石の身じゃ大名家との婚姻は難しいでしょうし。
     /: : : : : : : , 人/  \   _ イ '":::::/.::::::::::::::::\
    /: : : : : : : /i| `i⌒ヽ、   ̄i:::::::::::::::ル.::::::::::::::::::::::::::::::\    つまり、この時点で分知される正保三年六月以前はない、となるわね。
   ./: : : : : : : /_ ∧.ノ   \ /i|:::::::::::.'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   i: : : : : : : / ⌒`ヘ _ _   ∨ i|.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   |: : : : : ./  ヽ、    ̄>  辷─‐-、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   i: : : : .ノ     \  / へ イ: : : : : <い:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
   ト‐-- ____    /: : : : : : : : : : : : : : : ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
         ヽ   イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : . \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|i


    .                ,-l  `ヾ   ヽ:::ヽ::::: ヽ ヽ
                     , ' ::l { {  ; ';::  ';:. ' ;::::::::::;::',
                     , :'  :;', :' ',  '; ';  ';::  ':;::::::::';::'
                 , '::;   ;' ハ ',、、 ', '   ' ;:. \::::|::}
                 ','::;'  :;'::;' '::'ヽ;\ __';_  \;::. ` - ,,__
  …ふむふむ。      .,' !:;!  ::::!‐ト、 ';:', x;'´\\::`   ヾ;‐--r‐''
 次は…?        ,' |:|{   ::|,::kホト、;:', ,ィホ示ド;::‐- ,,_\!:|
               !  ::!',  ::|:',:ハt;リ ヾ、 ゙t;;;;ジj ::::;'::;'i::| ̄;!
               l   '! ', ::!::'::{  '    __,' .::::/::/;!::!';:. ',、
                  Xイ、;:! -ヘ, 丶  ', ,' ::::/::/、ハ;j ヽ;:',ヽ、
           _,,,,,,,_/´ j´‐- ,,,_ ヽ _ .. ,.イv::::; '':/  /t- 、ヾ、
        , -‐''´ ー- ,,_ ` ,/::/ /:/ `>、_, '´j/:; ' // , ' ,ハ,  ヽ

335 :やる夫で学ぶ柳生一族(その71):2016/05/06(金) 22:32:30 ID:K5ll88Gs0
      /      ヾ
     ,:         }゛
     {´      . ::::´ヽ ツ:^:::::: 、
     ヽ、   /:::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::/;;..ヽ/;;;\:::::::::::::::\        で、次の「2:宗矩死去による服喪期間」だけど、これは単純ね。
        /::::::::::::/      ヽ::::::::::::::::::、      親の葬式のすぐ後に結婚式を挙げるのは難しい、というのは
        ,:::::::::::::::'        、:::::::::::::::ハ      現代だってそれ程変わらないわけだし。
       ,:::::::::::::::{       -‐‐;:::::::::::::::::,
       {:::::::::::::::-ー      ==}:::::::::::::::}      江戸時代の武家だと、父親(当主)が死んだ場合、
       .{::::::::::::::{==      f::て}:::::::::::i::::|     「忌日50日、服喪13ヶ月」というのが規定だから、
        |::::::::::::{ f:て        ヒユj:::::::::::i::::|     宗矩が死んだ正保三年三月から13ヶ月、
         .|:::::::::::{ ヒユ        }:::::::::::i::::|     つまり、正保四年四月までは服喪の期間になるから、
         |:::::::::::!    丶     i::::::::::i::::|     その間、祝言を挙げるというのは考えづらいわね。
        、::::::::::{     、_,    ./::::::::7,:::!
         \:::::::丶、      , /::::/ハ/,:
          \::::\ ≧ - ´/.://
          ,__゛:冫 }    ''゙´、.__ _
        /: : : : : : /      i: : : : : :゚゛: 、
        ': : : : : : : ,'         |: : : : : : : : i


             ..     ><「: : : : : : : : : : : : : :\
                  r r―-′: : : : : : : :-、 : : : :ヽ
                 /: : | : : : : : : : : : : : : : : ヘ : : : : :l
                //l: : :ヽ: : : : :lヾ: : :ハ\: \\: _: :|
  …なるほど。   ...  !/ l: : : : \ : :ヘ ヽ: :<:ヘへトミ=-l
 じゃあ、最後は?    il |: : : : :个 、:ハ /ィテセトr: :ノノ: rハ
                i! !ハ: : : ヘ弋リ\l  ぅ夕_l: :/: N:l \rr≠ ̄ヽ
                  l ヘ从从:>、     ヽl: /"_,、_/   _ l
                   八X: // ≧ - -‐"l::/  _ノ  彡 ノ  ` |
                   /: /  r<Tラテ-.l/ェ'  ソ‐"- 、  ,

336 :やる夫で学ぶ柳生一族(その71):2016/05/06(金) 22:33:41 ID:K5ll88Gs0

            `ヾ;::'、   __
           _,...,_,..>;:1::'"´::,:.。、:`:':ー.、
         ,.r:'":::.:::.:ヾ::.:::.:::,r'´:::.:::.:ヾ:::.:::.:゙ヽ         で、最後の「3:第一子の誕生時期」は、
        /:::.:::.:::.:::.:::.:ヾ::.::':::.:::.:::.:::.:::.::ヽ:::.:::.::\      .この先の話になるんだけど…
      ,r':::.:::.:::.::,r:':^ヾ:::.:::.:::.::;.:;_::.:::.:::.:::.:::'、:::.:::.:::.'、      2年後の慶安二年(1649)には、
      ./'::::.:::.:::.,r';v_;:1::'、::.::.::/:::r::jヘ;:::.:::.:::.:::':.:.:::.:::.::'、     もう子供が生まれちゃうのよ、宗冬。
    /:::.:::.:::.:./'^" ̄ `"^´⌒^'‐='-、i;:::.:::.:::.:::';.:::.:::.::::1
     {:::.:::.:::.:/    ,..    、    1:::.:::.:::.:::1.:::.:::.::::!     .正確な出生日は不明だけど、
     lj:::.:::.:::i! 'ー '"     `'ー 、.,_ l:::.:::.:::.:::.}.:::.:::.::::j    .そうなると、「仕込」を考えたら、
     'l:::.:::.:::;}              `}:::.:i:::.:::::j.:::.:::.:::;'    まず慶安元年(1648)までには嫁取りしてないと
     1:::.:::.:j  `'ー-‐'   'ー--‐'"゚!::rj.:::.:::.;'.:::.:::./     .無理ってことになるでしょう?
     ';:::.ノ //////// j://::::.:::ノ::.::: /
       Vゝ、      __       ノ:::::;r':::,ィノ        宗冬の嫁取りの日取りについての推測は、
        V`ミ;ー:.,..,..ヽノ_ _,..:r'゙/:/ィr'"´       .こんなところね。
            `'l゚.../_,..._レ..........)v;/:'´
           r'../   ./.........../


               .           |i     /' 
                          八:.__/'__   
                     _,.彡イ\:\.::{.:: .:: .:: .::``丶、 
                   ⌒>.:: .:.:|.:: .:: .:: .:: .:: .:: .:: .:: .:: .:: `  
                   /:/.:: .:: :|.:: .:: .:: .:: .:: .:: .:: .:: .: .: .: .: \
              .   //.:/.:: .:: .: |.:: .:: .:: :|.:: .:: .:: .:: .:: .:: .:: .:: .: ヽ
                 ' .:: .:: .: |.:: .:ハ.:: .:: .:: |.:: .:: .:: .:: .: : \.:: .:: .:: :
                /' i :i.:: .::.|.:: :i_:|__.:: .::.:l 、.: \.:: .:: .: 、 :\.:: .: i
  …そうか。           | :|.:: .::.|.:: :| 八 .: .: :|ート.:::.\.:: .:: \.::\: |
 よくわかった…納得。  .  |八.: .: | : :ィ笊ミ.: .: | ィ冬ミ.::.\.:: .:: \.::\
                    ヽ :|.:: .:} ヒ リ \:   r ハ 狄: \.:: .:: .::r
              .       人.:八 .:.:. ' ヽ ゞシ /.::.\.:\.:: .:|
                    /イ./.:: .:ヽ  -  .:.:.:.: , .:: .::.:イ\:i\:|
                     /' 八.:: : / 心 _   イ ..:: /, .:|ー―ヽ―
                    /.:/ ⌒ト  _ハ / イ /_-八_ノ/⌒ヽ
                    :/    |    、_-\__>''_-/'|⌒i::{ _ノ'

337 :やる夫で学ぶ柳生一族(その71):2016/05/06(金) 22:34:46 ID:K5ll88Gs0
                    _
               ,.   -―レーヽ.
              _/: : : :∠.:}L:>、 \
.         /: /: : : /===、 ヽ: :ヽ.         あと、幕府に婚姻の許しを得ることや、
        r': : : :i: : : :{イてjヽ  ム: :ヽ       そもそも京極家との縁談をどう繋いだかなどを踏まえると、
         /: : : : :|: : : :! `      5、i : ヽ      .この辺りは宗矩が生前に手筈を整えていたでしょうね。
        ,': :.:.ィ今|: : :N        ' {: : :.ヽ
.      ,': : :./`rイ: : :|      c  j: :ト、: 〉      だから、喪が明けて、割とすぐ祝言を挙げるのは、
.     ,': : :/: :.j∧: : |、      /: :.| j/     端から予定通りだったのでは、というのが>>1の推測。
.      /: : /: : //∧: :|::::::::::............./;イ: |
     /: : : : : ///j∧: |     √「i/ |:.:|        ちなみに、京極家とどう縁を繋いだかについては
.    /: : : /―-<厂ヽト、   |:::|.  |/        正直、不明だけど、それなりの家から嫁取りをした理由は、
   /: : : /!      ̄\\ミ二ヨ:::|          .なんとなく推測はできるのよね…。
   : : : /:.|         \\ {〉┴、
            〉r<  ̄`弋に).、 ヽ.
            /_]彡': : : : : : :`¨ヾ:\}


           ...     レイ: : : :/: : / /|: : :./ |ハ |l: : :|: : .|: :|
                /|/: : /フ7ナ‐. |: : /ィア'"|「|.|./ : : |: :|
                イ__,イ彡lィt7示テ/:/ チテセ7∧: : :ハ. l
                7: : :|: : :ヽ弋_ヌ/    辷.ソイ.: :|: :.|、レ′
            .   イ.: : :|: : :ぃ:\    l     /: :|.ハ :|_\
 …どういうこと?    /: : /: : :l: : ド、    ‐   /: : |.l|レ'ヘ ̄
              ∠-‐'"/: : /ト.: :|: :> 、   < l : :トル_.\
            .     ム∠ ハ入\イヽニ´,イ\ト, : :|___ ̄
            .    ハ     > r┘≧≦┴、<\|  イ}__
               rム,イ__   「 / /仆. \ \ |    }ト、└┐

338 :やる夫で学ぶ柳生一族(その71):2016/05/06(金) 22:36:47 ID:K5ll88Gs0
.                .   -──- .
             /: : : : : : : : : : : : :.≧=-、
.           /: : : : : : : : : : : :-──- : : \
.         /: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : :\  /⌒ヽ
         /: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : /:ヽ: : : ><    |      今までの柳生家は、宗矩の力で家を保ってきたけど、
.       /: : : : : :/:/: : : : : : : : : : : : ∠::::::::::ヽ: : : : ヽ.   !     宗矩が死んだ後、十兵衛や宗冬に同じことができるかというと、
       /: : : : :__/:/: : : : : : : : : : :/    ヽ:├:、 : : : i  /      まず、厳しいでしょう?
.      /: : : : / ヘY: : : : : : : : : :/、       \:l: : : : !
     / : : : ;イ 牙 !.: : : : : : : :.;.へ、\         l: : : :.l         旗本に落ちてる分、ある程度負担は減ったけど、
     ,' : : : /人`~ !: : : : : ;イ: /刈ハヽ.        ,' : : : :l        有力な家との繋がりがあれば、何かあっても
.   ,: : : : /イ: : 「! !: : : : :/ l:/`¨´      -、 / : : : : l        .助けを求められる先が増えるじゃない。
.   ,': : : :/: :|: : l:| |: : : ::/ |'         ,≦、 〉' : : : : : !
  /: : :.:/: : :!: : リ !: : :./           ィ歹'゙:/: : : : : : !          .だから、縁故も多く、且つ、相応の家格のある
. / : : : : : : /: : / |: :.:イ          ,  /:::::/: : : /: : ;'         京極家が嫁取り先として選ばれたのではないか、という訳ね。
 . : : : : : : /: :.:∧ l: : :|     r y    . ' ::::/: : : /!: :/
 : : : : : /: : :人 ヽ.l:.: :ト、         イ::ハ/: : : / .!:/            十兵衛の正室が、何故か大和の土豪・秋篠家の娘だから
 : : : : : : : / ト、\ |: : !__ >、_,. :<::::::∨ /: : : /  !'           尚更宗冬の正室だけでも、それなりの家から取りたかっただろうし。
  -─‐<   ヽ\ |.: :|__/}\:::::::ヽ::::∨: : :./
        ヽ.  ヽ `l.: :!   !  ヾ≧=-/ : /
            ヽ:l   /   /   //ヽ


                 ....       ,-‐ヾ  |l     ‐- 、
                       ∠   ヾ  .リ       \
                     /     ,- 、 l|         ヽ
                    /      .|        、_   ハ
                  ..///::l  ./l  .|          l    .!
                  / リl::! !  | ノ||    lハ     ハヽ _ .,l
                   リ|::l|  | | l lハ    |、ヽ ハヽ ヽー´',
  …すごく、政治的だね。  . |l l::||l  |l .l | i l   | ', ヽ ハ\ ヾ トヽ
 結婚なのに…。       .... | ハ ハ  ハ l.|  !lヽ  .l ヾ\ ', 「 フ l
                     Xヽ .iヾハ   \ l  `.ノl ヾ ハ\ヽ
                     iハ lλl  > 、 _ _   ∠ リ ./l  ヾ ヾ
                    /  .l/|  ソ  v‐--‐ ヽ  リ/ フ―  _
                      / | /    ヽ , <l-‐リ /‐- -   - 、
                      / リ ̄ テ ̄ ̄<  ̄   X   ヾヽ

339 :やる夫で学ぶ柳生一族(その71):2016/05/06(金) 22:37:23 ID:K5ll88Gs0

            ,ヘ
            /:r、`v‐‐-- 、
          ,イ| | } }     ヽ
        /  | | /| |/ \    \
        /   ,イ | ミY彡 ミト、    \
     . /   / り       ヽ    ハ
      /   /  i         ヽ   ハ
     .    {             ∨  ハ      .武家の婚姻が政治的なのは当たり前よ。
    . i    :|  __,ィ      `ー‐-- }   |     個人同士の婚姻じゃなくて、あくまで家同士の繋がりなんだから。
    . |    :レ'´        、_ ., |   |     現代の価値観で見るのはダメよ。
    . ∨   :| __彡.        ̄  |   |
    . ∨  ∧  ̄               |  :,イ      まあ、宗冬夫妻は離縁したという記録もないし、
      |   ∧      `      ノ  / :|     その後、二男三女を得たとあるから、
      |   ∧     _  ‐-   /ハ/  |    .それなりに上手くやっていた、と思っていいでしょうね。
      |     >        /     |
      |      ;r > .  , イーァ、    :|     それじゃ、また本編に戻りましょうか。
      |       〉 ト、___, イ {     :|
      |      _}        .人    |
      |   _,ィ'´           `ー- 、 |
      | ,ィ´                 `T`、
       レ´ |                   |  、

340 :やる夫で学ぶ柳生一族(その71):2016/05/06(金) 22:38:15 ID:K5ll88Gs0
                  _
                〃 ̄ ̄  丶      ^ヽ
                 ∥           ヽ 〃         ヽ
                 ∥        〃           \
                 ヽ      〃              \
                       \    ∥                \    
                       \    ヽ                \  
                      ><「: : : : : : : : : : : : : :\
                     r r―-′: : : : : : : :-、 : : : :ヽ                    _/⌒`"':
                    /: : | : : : : : : : : : : : : : : ヘ : : : : :l        ___ノヽ-==´ ̄          \
   …今回はここまで。     //l: : :ヽ: : : : :lヾ: : :ハ\: \\: _: :|       イ ____彡三三三二二==‐‐―、\
  また次もよろしく…。    .!/ l: : : : \ : :ヘ ヽ: :<:ヘへトミ=-l     ∠_∠;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                   il |: : : : :个 、:ハ /ィテセトr: :ノノ: rハ               `==‐---┐.  |
            -、____   i! !ハ: : : ヘ弋リ\l  ぅ夕_l: :/: N:l \rr≠ ̄ヽ           _    」  └===-丿\
 ______ム┐).).).)____.l ヘ从从:>、     ヽl: /"_,、_/   _ lノヽ  ノヽ 斗 七 \_/ ´    ヽ´
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;ノノノ人. ヽ;:;:;:;:;:;:;:;; 八X: // ≧ - -‐"l::/  _ノ  彡 ノ  ):::::::) ):::::::) )/´⌒丶:::::::<(゚ )>   _-=-
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄丨冫 /__ノ ̄ ̄ ̄ ̄/: / r<Tラテ-.l/ェ'  ソ‐"- 、  ソへ:;::.へ:;;:へ : : (  )):::::::::::ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;(
            λミ彡||i           // l:/::::>-ヾ/-=ェ彡==>-'Lヽ / ノ |      丶_ 》 丿\  / ̄ ̄ミ=ゝ
             ll', ミミ||\       _,-‐=≦ァ</ `´ /  i 、_∨-≧// 丿                 |/
              ll', ミ||:::::::\    /l::::::::::l i l   r>-‐‐イ  レ´  ヾソ> //
           |l ',〃:::::::::::::\/_::::l:::::::::::l.i.| 〃〃≡=l l ヘ-=≡[[]|ミl .《
              ll 〃::::::::::::::::::::::::ゝ. ハ:::::::=》》=小巛《.r-乂  ノ-¨ ゙´¨ フl  ハ
           |l|:::::::::::::::::::::::::::::::::  ア::::/./  ゞゞゞ彡XX/ !    / レ、  ハ
           ll:::::::::::::::::::::::::::::::::/ .l\/_/__ニ-¨゙ ̄ア   i   /  | ハ  ハ
           ll_====二/   .|/     \   《    |      |. .ハ  人
                            l       ヽ\. ハ  レ     i 人 .ハ.\
                        人       人 .\人ノ{     |   `丶  \
                          -=》ヘ    )   / 三 ゝ_ソ.|     i     `丶 \
  へ                  /》巛ヘ    / 三三三三三|    从         \へ
  |  \             /  . |\三キ _l三三三三ノ レ       i           ハ \
 .丿i| へ          /     |\_匚∃ ̄ ̄)__/ヨ        l             l  ヘ
/  i    入, ̄~~゛''''""~     , -'/三三 ノ/ |∨三三三三ニヨ         i            |  i   l
   i  /  ヽ       , -'"  /三三 //   | ∨三ニ三ニヲ        i         ノ  l   |
 丿 i  ノ     \_ , -'"    /三三ノ/   | ∨ニ三ニヲ     イ》、  i            l /    |   __ __¨ /
 へ レ                   /i三三ノ/    |  ∨三ヲ    今川 》、 i            l    ∩|    ._)  ._) \

341 :やる夫で学ぶ柳生一族(その71):2016/05/06(金) 22:45:49 ID:K5ll88Gs0
 てなとこで今回は終了です。
本日もお付き合いありがとうございました&お疲れ様でした>ALL

 さて、舞台は江戸に戻り、
あらためて十兵衛が本家当主、宗冬が分家当主、
六丸も義仙と名を改め僧となった、次世代の江戸柳生の話になります。
ちょっと解説多めでしたが、宗矩の頃と比べると、
直接的な記録が少なく、推測も多いので、ご容赦ください。

 ちなみに、昔、十兵衛の嫁取り(その59)の際、
宗冬の嫁取りとの差について、もう少し解説を入れる旨、話をしましたが、
その辺については、総括編でまとめてやれればなーと。
すみませぬ。

 さて、次は旗本家当主となった十兵衛の話が主体になるかと。
今回はそれ程長い話ではないので、多分、次か、その次くらいで
終わるんじゃないかなーと見てますが、どうなることやら。
ともあれ、よろしゅうです。

 あと、次(その72)の解説役投票の方もご希望あればー。
それではでは。

350 :1:2016/05/15(日) 10:17:05 ID:y2FiwpHo0
 どもどもです。
告知が遅くなって当日告知になってしまいましたが、
とりあえず、いつものように目標は日曜(5/15)21時投下とし、
書けるとこまで書いてみる所存でアリマス。
よろしゅうです。

 ちなみに次回解説役投票については現状こんな感じで。

【「その72」解説役投票途中経過】
 3票:如月千早(アイドルマスター)
 2票:カリオストロ(グランブルーファンタジー)、
 1票:龍驤(艦これ)

 2人のうち、片方は千早になりそうな趣ですが、
もう1人が誰になるかはさてはて、という塩梅で砂。

 それではではー。

352 :1:2016/05/16(月) 04:29:08 ID:U4nMxnDs0
 どもどもです。
またこんな時間ですが、なんとも上手く行かなかったので、
次にできればと…。すみませぬ。

355 :1:2016/05/21(土) 14:52:24 ID:l.RCd45o0
 どもどもです。
先週失敗したので、今週は何とかしたいところ。
入梅前には次に進みたいですねー。
というわけで、目標は何時も通り日曜(5/22)21時からで。
よろしゅうですー。

 あと解説役投票に1票入ったので更新をば。

【「その72」解説役投票途中経過】
 3票:如月千早(アイドルマスター)
 2票:カリオストロ(グランブルーファンタジー)、
 1票:龍驤(艦これ)、島村卯月(デレマス)

 それではでは。

358 :1:2016/05/23(月) 04:22:49 ID:ckVOVDTA0
 またこんな時間で申し訳なし。
どうもまた書き進められず、全然進まぬ有様に。
来週で気付けばもう5月も終わりなので、なんとかしたくはあるのですが、すみませぬ。
ううむ…。

 せめて解説役投票だけでも更新をば。

【「その72」解説役投票途中経過】
 3票:如月千早(アイドルマスター)
 2票:カリオストロ(グランブルーファンタジー)、
 1票:龍驤(艦これ)、島村卯月(デレマス)、津辺愛香(俺ツインテールになります)

 ではー。

362 :1:2016/05/30(月) 02:20:23 ID:dntWafN20
 どもどもです。
今回、告知もしてない上に全然ダメ状態であり、
正直、ちと手間取るかもですが、なんとかする所存。
申し訳なし。

 あと解説役投票が貰えてたので更新をば。

【「その72」解説役投票途中経過】
 4票:如月千早(アイドルマスター)
 3票:カリオストロ(グランブルーファンタジー)、
 1票:龍驤(艦これ)、島村卯月(デレマス)、津辺愛香(俺ツインテールになります)

 ではではー。

364 :1:2016/06/04(土) 20:50:43 ID:J6g6GpCE0
 どもどもです。
とうとう6月に入ってしまったので、今度こそ何とかせねばと。
目標は毎度のように明日(6/5)の21時で。
よろしゅうです。

index

第三部_index

第三部_71_index