Hatena::Groupyagyuo

『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ(引き継ぎ版)

2008-12-10『やる夫で学ぶ柳生一族』71-10

『やる夫で学ぶ柳生一族』71-10

| 19:06 | 『やる夫で学ぶ柳生一族』71-10 - 『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ(引き継ぎ版) を含むブックマーク はてなブックマーク - 『やる夫で学ぶ柳生一族』71-10 - 『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ(引き継ぎ版) 『やる夫で学ぶ柳生一族』71-10 - 『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ(引き継ぎ版) のブックマークコメント

index

第三部_index

第三部_71_index

元スレ:やる夫で学ぶ柳生一族(やる夫スレヒロイン板版1)


414 :やる夫で学ぶ柳生一族(その71):2016/06/06(月) 01:22:02 ID:7ULXOnjA0
 てなとこで今回は終了でアリマス。
いつものがらこんな時間までお付き合い下さり、
ありがとうございます&お疲れ様でした>ALL

 今回は十兵衛と宗冬の、その後の(ある意味)日常回、ともいえる話で砂。
創作だと、宗矩死後、柳生庄に引っ込んでしまう記述が多い十兵衛ですが、
当時の法度や、史料を見てみる限り、普通に江戸で暮らしてた模様>十兵衛

 且つ、結構積極的に江戸柳生系新陰流の宗家として、
兵法教授にも勤めていたようで、それなりに頑張ってた様子。
当主としても、それなりに落ち着きが出てきたようですし、
人間、責任ある立場に着くと、それなりにしっかりしてくるのかしらんと。

 なお、次は宗冬の方にも若干スポットを当てつつ、
いよいよ今回のラストに持ち込めればいいなーと。
それが済めば、いよいよこのスレも本編の終わりが見えてくるので、
何とか頑張りたいところ。

 解説役投票は前と同じですが、ひとまず記載をば。

【「その72」解説役投票途中経過】
 4票:如月千早(アイドルマスター)
 3票:カリオストロ(グランブルーファンタジー)、
 1票:龍驤(艦これ)、島村卯月(デレマス)、津辺愛香(俺ツインテールになります)

 来週はちと所用があるので無理そうですが、
なんとか今月中に仕上げてしまいたいで砂。

 それではではー。

373 :どこかの名無しさん:2016/06/06(月) 00:53:06 ID:PmhsBGM.0
そう言えば分家して旗本になったわけだが、
これ大名に戻る場合宗冬の家ってどうなってたのかなあw
1000石くらいに削られてたのか、それとも兄貴の家臣になってたか。

422 :どこかの名無しさん:2016/06/08(水) 09:15:57 ID:Z.kgZx8o0
この時期の尾張柳生と江戸柳生の門弟同士の邂逅や手合わせなどはなかったのか?
門弟はお互いのことをどう評価していたのだろう?
やっぱりタブーだったのかな?

423 :どこかの名無しさん:2016/06/08(水) 09:51:56 ID:849Rmm1s0
そう言えば創作の十兵衛が何故眼帯をつけてるのか?
ってのはどこかで触れてたっけ。
別に隻眼ではねーよ、ってのは言ってた気がするが。

424 :どこかの名無しさん:2016/06/10(金) 07:11:09 ID:vz6vLvaE0
ツイッターの方で十兵衛の外見の変遷についてちょっと触れてたことはあったような

それとは別に、十兵衛の眼帯は1960年代以降みたいだね
ttp://parasiteeve2.blog65.fc2.com/blog-entry-476.html#Juubei

簡単に言えば、戦前は片目を瞑った姿
1959年の『柳生旅日記 天地夢想剣』で負傷後眼帯、治癒したら片目を瞑った姿
1961の『柳生一番勝負 無頼の谷』で黒い革の眼帯
1963の『柳生武芸帳 剣豪乱れ雲』で柳生鍔の眼帯

「近衛の前に十兵衛なし、近衛の後に十兵衛なし」
近衛十四郎の柳生十兵衛に、五味康祐先生がアドバイスしたのがルーツらしい

426 :1:2016/06/11(土) 15:21:53 ID:7dPXTUFk0
 どもどもです。
明日は所用があるので確定で更新できずであり、すみませぬ。
再来週以降でどうにかしたいところ。

 解説役投票途中経過はこんな塩梅で。

【「その72」解説役投票途中経過】
 6票:如月千早(アイドルマスター)
 4票:カリオストロ(グランブルーファンタジー)、
 1票:龍驤(艦これ)、島村卯月(デレマス)、津辺愛香(俺ツインテールになります)

 今週は更新がないのでちょっと質問回答でも。

>>373
 この場合、宗冬は既に自分の家を立てているので、
本家が大名に戻ったとしても、特に変わりはないですね。
十兵衛の本家一万石、宗冬の分家四千石、という感じで。

>>422
 とりあえず、両柳生家に家としての交流はなかったものの、
門弟に「江戸(or尾張)の者と付き合うな」といった禁制があった訳ではないので、
特に流派として対立してたという訳ではないようですね。
尾張柳生の人物が江戸柳生の技について伝書で書いてたりしますし。
まあ、総括編でネタにする予定ですので、今少しお待ちをば。

>>423
 既に>>424で挙げて頂きましたが、
十兵衛が眼帯をするようになったのは、基本、戦後少ししてからですね。
それまでは隻眼でも眼帯は特にしてなかったりしますし、
戦前だと両眼だったり隻眼だったりとバラけてたり。

 なお、当方が前に書いてたのをまとめてもらってたのはこちら。

【「柳生十兵衛が隻眼、という話の出典がそもそも分からない」という話】
 ttp://togetter.com/li/874272

 では、今回はこの辺で。
それではではー。

427 :どこかの名無しさん:2016/06/12(日) 01:39:19 ID:EHxwKD4o0
おつおつどんまい。

> 十兵衛の本家一万石、宗冬の分家四千石、という感じで。

その場合二千石はどこから生えてくるのかなーとふと思ったのでw
手柄も無しに加増するほど土地が余ってたとも思えませんしw

428 :どこかの名無しさん:2016/06/12(日) 01:46:29 ID:/rvrLKlY0
>>427
そこはそれ、尻一つで十万石
家光は好き嫌いで加増したり罰したりするし、
真っ当なルートなら家綱の剣術指南役に就任して加増ということも考えられなくはないので

429 :どこかの名無しさん:2016/06/12(日) 10:31:50 ID:LpUVK/rk0
改易後天領になってた土地を与えてるだけじゃないかと。
秀忠が大名潰しまくってたしな。

430 :どこかの名無しさん:2016/06/13(月) 12:55:29 ID:GZASt.SQ0
何だかんだでこの頃はまた幕府の資力に余裕のあったころだしな
そんくらいならポンと出せるだろうし

431 :1:2016/06/18(土) 19:45:22 ID:AF6DHAn.0
 どもどもです。
先週は所用で更新できませんでしたので、
今週はどうにか最後までいければなあと。
目指すはいつも通りの日曜(6/19)の夜21時からでアリマス。
よろしければー。

>>427
 既に他の方からもコメント頂いてますが、
家光の頃までは、結構頻繁に改易・減封がなされており、
その所領は、一旦公収され、その後、誰かへの加増に宛てられたりするので、
十兵衛が大名に復帰するとすれば、おそらくはそういう公収された所領から
二千石が加増されることになったのではないかなーと。
(宗冬に関してはまた本編でやる所存)

 ではでは。

432 :1:2016/06/20(月) 04:22:01 ID:YBp8gzM.0
 またぞろこんな時間ですが、
今回もどうにもならず断念であり、すみませぬ。
丸8年になる前に本編くらいは終わらす、というのも怪しくなってきつつありますが、
来週はどうにか、どうにか。

 ではー。

434 :1:2016/06/25(土) 23:53:58 ID:/giuHU4k0
 どもどもです。
先週もダメだったので、6月最後の今週はどうにかしたいところ。
区切り間的に、今月でその71を終わらせたいです喃。
という訳で、日曜(6/26)の21時目標を目処になるたけ頑張る所存。

 ではー。

index

第三部_index

第三部_71_index