Hatena::Groupyagyuo

『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ(引き継ぎ版)

2009-03-05『やる夫で学ぶ柳生一族』73後編-5

『やる夫で学ぶ柳生一族』73後編-5

| 19:06 | 『やる夫で学ぶ柳生一族』73後編-5 - 『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ(引き継ぎ版) を含むブックマーク はてなブックマーク - 『やる夫で学ぶ柳生一族』73後編-5 - 『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ(引き継ぎ版) 『やる夫で学ぶ柳生一族』73後編-5 - 『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ(引き継ぎ版) のブックマークコメント

index

第三部_index

第三部_73後編_index

元スレ:やる夫で学ぶ柳生一族(やる夫スレヒロイン板版2)


380: やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2016/11/23(水) 00:22:52 ID:PkEpIpqY0

 延宝三年(1675)正月、新芝堀・柳生家別邸…

.::::::::::. :. :.: .::::::::::. :. :. :.:::::::::::::::::. :. :. :.: ::::::. :. :                                    .: .:. :. :.:::::::::::::
.: .: .: :::::::::::::. :. :. :. :.                                       . :.: .: .: .:::::::::::: .: .: .:. :. :. :::::::::::::::.:
                    ヾミミミミy彡'′                           . :. :. :.:::. :. :. :. :.::::::. :.::::
              ヾミミミミミy彡  ``ji彡: .:. :. :. :. ::::::::::::::::::::: .: .:. :. :. :::::. :. :. :.
                 ``ji'´    ji´. :. :. :. ::::::::::::::::::. :. :. :. :. :. :. ::::::::: .: .: .:. :.
           ヾミミミミミ斗彡彡 〃                                  ヾミミミミミy彡
    . :;:;..,"'`',:'':'`::;:     ``j!´   _〃彡彡                                   ``ji'´
ニニニニニニ,'ニニニニニニニニニニニ .i|ニニニニ/,;;;;ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ ヾミミミミミ斗彡彡
'',,.:;:;''.:.::.:;';;;V'',,.:;:;''.:.::.:;';;;'',,.:;:;''.i|:.;;;'',,.:;:|:;';;;;;,',_,,.. .-‐ '''""~~""'‐- 、、                 . :;;: ;.: :;``j!´;:;:;;;:;:;;;:; :;;
;;.::..〃'.::,';;;;,'.;;.::..,,''::.:.;;.::..,,'',,'':'',i|;;;'',,.:;''.,';;;;;;;;;;',  .: .:. :. :. :. :. :. :. :.: .: .: .: .``ヽ、           .::;:;..,"'`',:'':;;;:;:;;:;;;:;;:;;;:;;:;;:;;:;;:;
;;;;;;ij!,,, .._jjレノ:'`',:'':ノノ;;;ニニiiニニニiiニニiニニiニニiニニii! `',:'':'`',:'':'`'`',:'':、. :. :.: .: .:. :. :. :. :.: .: .: .:. :. :. :. :. :. :. :,,,,.州州洲'`
;;;;;;ij!::.::::〃:'`',:'':'`'`',:'':`::、;;;;;;;;;;;;;;;;;;.:.:.. ,, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'':.:.、`',:'':'`',:'':',:ニニiニニiニニiニニニニiニニiニニiニニii.州州洲>キ'''´キ
:::::::::.:.::〃;;;;:::.:..:.:.、,, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .、ニニiニニiニニiニニii!┼┼' '゙゙    - _‐ - .._ ‐,    ...州州洲r'"´
:::..:::::..:::::.``ヽ、;;;;;::.:.:.:..、ニiニニiニニiニニiニニii!        - _‐ - .._ ‐,            .,.州州洲r'"´  ,r'"´ ,, .:.:.
:::...:::::...:::::....:::::..``ヽ、;;;;:.:.:.、゙゙゙ """゙゙゙゙"""                        ,,,.州州洲iニニiニニiニニiフ´ ,, .:.:.:. ,, '
----‐---ー---‐'''´¨¨¨´  - _‐ - .._ ‐,                  - _‐ - .._ ‐,...`゙゙iニニiニニiニニiニニi,, '' ,, .:.:,, ''
           _ -  ‐ ‐ .. ‐ _  ..               ‐ _ ‐ - _                 `` ー-----

      / ̄ ̄\
    /       \
    /          ヽ
   .|    _ノ   ヽ_ |
   |    (●) (●) |      …うーむ。
   ヽ    (__人__) /     正月だと言うに、ボウフラが湧いておるな…。
   /   ヽ   `⌒´ノヽ
  ./ /   ∩ノ ⊃|  |
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /

381: やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2016/11/23(水) 00:23:18 ID:PkEpIpqY0

      / ̄ ̄\
    /       \
    /          ヽ
   .|    /  ─  |    放置すれば蚊になる故、掃除させたいが、
   | u  (ー) (ー) |   曲がりなりにも、私の号にも絡むものだしのう…。
   ヽ    (__人__) /
   /   ヽ  ` ⌒´ノヽ    さてはて….γ ̄ ̄ ̄ヽ
  ./ /   ∩ノ ⊃|  |           |  .殿   |
  (  \ / _ノ |  |           .乂____ノ
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /

  晩年の宗冬は、
 「孑孑(ボウフラ)が泳ぐ様を見て兵法を工夫したところ、奥旨を悟り、
  それを図に描かせた後、その図を以って”柳陰”と号した」という。

  また別に「心計」とも号したという。

  【玉栄拾遺】
  『晩年監、池水柳樹ノ陰ニ逍遥シ、孑孑(ボウフラ)ノ動作ヲ見テ兵術ヲ工夫シ、
  奥旨ヲ頓悟シ、画工ヲシテ其図ヲ摸サシメ、此後号柳陰、此図則有宝庫』

382: やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2016/11/23(水) 00:24:06 ID:PkEpIpqY0

     / ̄ ̄\
   /    ⌒  ⌒ _))
   /    (●)(●).  ̄
  .|      (__人__)     おう、喜左衛も(フゴッ…!
  .|       |r\、ノし/
  ヽ      `...Σ:. て パコッ…
  / ヽ.       /^Y\
  /        く


         /           、 ヽ       `、
        /           / /'´ヽ  '、        ヽ
        l         / /   '、  l         l
         !       l / / u.  ', ト、        l
.        l  !    l /!/__    ', l `,        !
        !  l   l  l トl'---ゝ、   l!  ヽ       !
        l ,イ   l l!l'Tテニミ、    l -=! l l     l
        ! l!|   ll l弋ゞ=ソ`   ′仡!|l    ll
.        l 'l   |l l !         ゞ=! l l    ll      …あ。
        l  l!    l l l'、     ..:: 、   ノ//   |ll 
       /  ll!   lヾ'、ヾ      ,. -=',;'/   / .jl
       /  i!l|  ト、゙ヾ、   ― 、 `"´/   〃 /i!
      /    ヽl、  ヽヾ'、    -  _トゞ=‐'  // / !
   ,.ィ'´/     ト、',\ヽ`、 ヽ、   ,.ィ´ `ー-イ´/'´
.   / ,イ/l l l ヽヽ ヾ、 ヽヽlヽ `〒´イ   | /
  ヽ/ l! i!'l l  lヾ=‐  、/l/ ,'//,' j  l!  ヽ l
     ′ ヾ'、  \_   l r l//ソ l/ ,ィ ll ヾ ヽヽ、

383: やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2016/11/23(水) 00:24:39 ID:PkEpIpqY0

    / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_\
  /   (-) (-)ヽ    …ひひゃえみょん(喜左衛門)
 .|    (__人__) |   ひょっひょ、はへ(ちょっと、待て) モゴモゴ…
 .| u.  ゝ `⌒´ソ |
. ヽ       nl^l^l
  / ヽ      |   ノ
. /        ヽ く


                   _,,......_
                ,. - '´    `ヽ
                 /.     .    ',
                  { ::i;. .  :ト、  |     殿、落ち着いてください。
                   ヽi:l!:. }:  lノ.   {    大丈夫ですから。
                 く_リルj: : .}:::  l l
                ハ_Zィノ‐1:  l.: ',      …やはり不意に外れると不便ですね。
               ク {::ハll「ノィ  ノ}::: }    入歯というのは。
             r'"二ゝヽ/7T-ァ'"´_`''ー 、
             } / ノ∨ ヽ/   ヽ  }       γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
            // { | .|   r―┐  } r1       |  …フゴフゴ…これでよし     |
     _ __       彳 | ! |   {ト.ィフ j ヽ.∨        乂____________ノ
  =ニ、`ヽ `丶、   j   }.| |   入ヽ  {  ヽ}
    ` ー1   `T  / ヽノ   `┴'  入  |
       `ヽ、  i  /ヽ、/r‐r‐、    { {.  」、
         `丶ゝ'  rへ =|= _二ニエ }/ l
              } ll  ̄     } /   j
              / ll       | {.   {
             j  ll        ||  |
             } ハ         l j  |

384: やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2016/11/23(水) 00:25:17 ID:PkEpIpqY0

  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   |   とはいえ、なければないで困るしの。     |
   |   まったく、歳を取るとかなわんのう…。    .|
   乂___________________ノ



      !;トi、                         ¨i
       \!\                    ,:,ィ-イ
        ヽト、| ゙ヽr:.、            ィ;-'''"! ,iメ/
          \iヽ、|._  |´ ゙̄`i´ ̄ ̄i´   i ,..,ノi´.i/
           \. i `ー┼―‐┼―‐┼一"´i  ノ/
            .゙メ、.   !   |     |   ,i_../
                 "゙;;;;;;;;;'゙ー‐‐''゙ー;;';;´
                 【宗冬の入歯】



                       γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                       l  …で、何用じゃ?  .|
                       ヽ、_________ ノ


 いつ頃から使用していたかは不明だが、宗冬は入歯を使っていたようで、
今も、その実物が残っているという。

 戦前(1927)の広徳寺の墓地改装時に発見され、
当時、世界でも最古とされた黄楊製の木製総義歯で、製作者は小野玄入。
創作でも利用される事の多い道具である。

385: やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2016/11/23(水) 00:25:54 ID:PkEpIpqY0
         /           .            ヽ
          /    .       .:/ .:: ;:  :     .   ::',
        j .:  .:/   .  .:::/ ..::;:ィノ|:  |:. ::.  ::.   :::l
        | :: :::l  . ::  .:::/ .:::/〃 l:: l::.  ::. . ::::::. :. ::::!
        | :::::. ::j  :: ::: ::::/|::::/〃   |::. |;:::: l::.:.:::::::: ::.:::::!
        | ::::::.:;l  ::.::::: :::/‐l:/_/   |::: ハ:::. l:::::i:::::::::::::::l
.         } :|:::/|  |::::::|::::|z=ミ;ニヽ  |::/,.-l::::.|:::::|:::::::::::i::|
.         l :|:::{ | : :i::::::|::::|r‐':ノ`ミ   |/ z;-l:::i!:::::i::::::::::;i:j
        j .l::::゙7:::.:::;:::::l;:::|`''┴      {r':l::l|:::::j::::::::::i/     はい、宗春様より、万吉様の節句の祝いについて、
        l:::|::: :|:::::::::、::::li::!         `7ノj:::/::::::::::/     相談をされたいと…。
         /:::l :: ::!::::i:::::ヽ::lヾ         '  ノ´ノ::/ :::::::::j
       ノ::::j   l:::::l:::::::|``        ′ ``フ  .::::::/
     ∠;;;-イ   ::、:::l;::::::ト、   ` ー一 ト-='-'´ :: .::/
    ,イ く_{_7   :::::;:;::;::::', \    ̄ ,∠ミー‐''...:::ノ{
    ll` -ィ .l:  ::::::::ヾゝ;:'、_`ヽ、_,. '´! `>-‐'´:::::',
    jj   { :::|::.:. ::::::::l`r‐ミ、三三ニニ_/   ..:: .::::::}
    〃  . {: :::l;::::::..::i::::| ||   |ヽ 、 ̄7/ .: ........::::::::;1
        ';::::lヽ;:::::::'、'、||  | ``'ー/.:::::;::ィ´::;:ィ「|


     / ̄ ̄\
   / ─  ─\
  |   ⌒   ⌒ .ヽ.    おお、そうかそうか。
  |   (__人__)  .|   万吉も無事に育ちそうであれば、なによりじゃの。
  |     `⌒´   |
  /         /    よしよし、すぐ座敷に戻るぞ。
  /  ヽ      ノヽ
 /    ∩ノ ⊃  |  |
 (  / _ノ   .|  |
 .\__/    _|  |
      .___ /

 延宝二年十月十九日、宗春に次男・万吉(後の九鬼長門守副隆)が誕生。
兄である五郎千代と年子の弟であった。

386: やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2016/11/23(水) 00:26:29 ID:PkEpIpqY0

             _. -―――- 、._
           /          `ヽ、
             /               \
           /                \
          ./                        、
         /                _      ',
       ./ `ー 、.       、 -=´、          ',
      /                          .i
     .,'   (ィ⌒ヽ)   (.ィ⌒ヽ)        |       まったく、
     {                           |     私には過ぎた倅じゃのう…。
     {   /           ヽ          |
     i   {     i          }        |
      {   ゝ____ノ ゝ ________ ノ           |
     ヘ.                        /
       \                     /
        \                    ´
             ゙> 、_             / ̄  ̄ ヽ、
           i /          /        \
          / /                        ヽ

index

第三部_index

第三部_73後編_index