Hatena::Groupyagyuo

『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ(引き継ぎ版)

2009-03-14『やる夫で学ぶ柳生一族』73後編-14

『やる夫で学ぶ柳生一族』73後編-14

| 19:06 | 『やる夫で学ぶ柳生一族』73後編-14 - 『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ(引き継ぎ版) を含むブックマーク はてなブックマーク - 『やる夫で学ぶ柳生一族』73後編-14 - 『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ(引き継ぎ版) 『やる夫で学ぶ柳生一族』73後編-14 - 『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ(引き継ぎ版) のブックマークコメント

index

第三部_index

第三部_73後編_index

元スレ:やる夫で学ぶ柳生一族(やる夫スレヒロイン板版2)


547: やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/01/10(火) 00:40:17 ID:E4EF4O8Q0
             / /: : : : : /: /: : : : : : : : { : : : : : : : : : : : : : ヽ
        /: : /: : : : : : /: /: : : : : : : : : l: : : : : : : : : : : : : : ハ
       /ィ: : : i: : : : : : / : {: : : / : : /{ : : } : : : : : : : l: : : : ハ
        //,ノ:/: : !: : : : : /i : {!: : / : : /  ',: l : : : : : : : i: : : : : '
        !' /:/: : ノ: : : : :/T:ーl-: /://-――-∨! : : : : : : : { : : : : i
        {ノノ: : : : : : : :/、 ヽ,{:!: :/ ノ        Ⅶ: : : : : : : :ハ: : : : :,
     , イ : : j : : : : : : レイ示{、l:i′   、ィrェ 、 Y: : : : リ: : : : l: : : : ハ       と、いう訳で、
   /: : : : /: : : : : : : l、乂り`i′    "乂しリ`リ : : : イ : : : : |: : : : ハ     尾張徳川家の剣術指南役、
  /: ; -―イ: : : : : : : :ハ            ゙ "ィ: : : : /う: : : : :l: : : : l⌒ヽ    .ならびに尾張柳生系の新陰流宗家として、
 {: :i´   { {人: 、: : : : :fヽ   、       /: : : : :/ノ: : : : : リ: :ハリ      .または一兵法者としての厳包の逸話は
 ヽノ    {′ ヽ`ー 、: : ヽ         /: : : : :/´: : : : : :ノ: / l:}       .こんなところかな。
  ′       \ ヽ: j:` , ` ー  /ィ: : : :ノ⌒j: : /: ノ  ノ
            `,ィl:八{/ヽ    , イ: : /   ノ: イ:/、            兵庫助や利方もそうだけど、
           /´ '  メ   `r  ´  "´  / "/   ハ          ..当時の史料があまり残ってないから、
             / /  / ゝ ´v′    / /      ゝ、         どうしても話が逸話頼りになるんだよね。
         //  ,/   ` ー=  ̄  /      ィ  ヽ        時系列もはっきりしないし、困ったものだよ。
        /   ,/        ○  /     <     ハ
          /    /            j!    /         ,
       /    /         ○  イ    /


                                  _,. - ''  ̄ ̄ `ヽ、_
                               _  '´             `ヽ
                            , '´                    \
                         _, イ´                      ヽ
                        ´ ̄/   / ./                      ',
                          / ′/.l  ′ .|      ヽ          |
                         ./ .!  ,' l l    |  '.       ',     l    |
                        .,' /l  | .! ハ    |.   ヽ      |     |     |
  この時期の兵法者としては、   .  l ′! ハ トl.ハ   ト、   ヽ.    !       l    !
 これでも史料が残っている方。    |′ l トヽ.l.イヽ'.,  ! _ヽ.__,,..lヽ.,,__|      .l    ,'
                           ', ハ ハ l'::;! ヽ.',  \上_ ``!      ,'   /
  江戸柳生を基準にしないで。 ....     ヾ `l l ┘  `  ´|テ;;;;::ミ>.|     ハ ,イ /
                                |.ハ.  ′     r'_;;;/  l   / リ./ l/
                               ', lヽ  .、        |  ./ '´/ ′
                              Vl  \       _,..′ ./,.イ/
                               ヾ    `ー zニ ´_/ /ソZヘ
                                  / ̄´    // ̄   ノー‐----、
                                 ノー--―r--  -'ア´        ト

548: やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/01/10(火) 00:40:48 ID:E4EF4O8Q0
   ̄:.:.:.:.:.:.:.......
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
  :./:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\         .そうだね。
  :.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:./:.:.:j:.:.:.:.ヽ       これは私が悪かった。
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i!:.:.:.:.:.:.
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.j:.:.:.:.:.:.:.        いずれにせよ、厳包が宗家として兵法上の工夫に勤め、
  :.:.:.′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.:.:.:.:.      家中に於いても熱心に指南していたことは間違いないだろうね。
  :./:.:.:.:.:.:.:.′:.:./y \:.:.:.:.!:|:.ハ
  :V:.:|:.:.:.:.:.:l:.:./ ′ l}:.:.:.:ノ!:|:.:∧      『昔咄』に、
  Y:.l:.:.:.:.:.:l{:.! ゙ミミry:.イ:./イ:.:イ} ヽ
  ′:.:.:.:.:.:ハ{   ゙ ′´ ′:.l        「みなみな柳生流信用し、後は一刀流の稽古もなかりし由。
  :.:.|!:.:.:.:.:.| ゙゙    (:.:.:.:.:リ        泰心院(綱誠)様にも御精出され、御芸術のうちにては、兵法は最上なりし由。
  :.:.|:.:.:.:.:.:|         ゝ:.:.i|        若き者ども、よく遣ひ、後々上手にも成るべき者どもは、
  :.:.|:.:.:.:.:.:|  ,   /:.:.:.:.|        .兵法御覧の後、子供は御通番、元服は御新番に召し出されし者多し。
  :.:.|:.:.:.:.:.:|  `」⌒┤:.:.:.:.:.|        .故にますます励みし」
  :.:.|:.:.:.:.:.:|  l ′ ハ_:.:.:.:八
  :.:.|:.:.:.:.:.:|ー i |  j /  ノー、 `       なんて記述があるところから見ると、
  :.:.|:.:.:.:.:リ  | ー / /  / ー,      .柳生門下で腕が立つ者は取り立てもされやすかったようだし、
  :.リ:.:.:.:./   |  ー/  / ,イ!     ..随分信頼されてたようだ。
            |    lー/_ /j
         、   !    /

                                   ,、 -─‐- 、,
                                , ' ´: : : . : . : . :.` .、
  『昔咄』の著者・近松茂矩は      .    /: : : : . : . : . : . : . : . ヽ
 元禄十年の生まれだから、       ..   /: : : : . :/: .,': . : . : . ',: ',: . :',
 厳包とほぼ入れ違いで生まれている。     /:  /: : /: :ハ: :{ l: . : . : . :l: .i: . :.',
                           /: : /l: ./|∠_';ト:l: . : . :;: ハ: |: .l: .',
  その彼の記述でこうあるのなら、  ..... ,': : :ハj:ハ:ト___、`ヽ: . :.,-─i:|. l . :;l
 この頃の尾張柳生の繁栄については   ィ: : |〈|: . | .;:j `    ヒセ;'ァ::|: . ハ !
 相応に信憑性があると言える。   .     ト/|:.|:.:|: .:|  ` ´     'ー' ム:l.:./ '
                            ヽト;:.l .:人     '   /:.::|/
                              /',:.:ト、`    ¨ , .イ:.:.,'l
                           /   ',| \,_.スー ' `7ヽ/

549: やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/01/10(火) 00:41:12 ID:E4EF4O8Q0
                                /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
                              .//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
                              i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
                              . ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
                              . !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
  実物が残っている刀剣や鍔、           . i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_
 技法が現存する「取り上げ使い」や「大転」は   ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
 ともかく、介錯の逸話と囲碁の逸話の出典は?..    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´
                                    i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
                                     ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
                                    イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
                                    /      \__{ヽ、

                   ____
                 ,..::'´:::::::::::::::::::::::`::...、
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       介錯の逸話は『正傳新陰流』、
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヘ      囲碁の逸話は楠正位の『武術系統講話』だね。
           .':::::::::::::/:::::::::::::::/::/、::::::::::::::::::::::',
           i::::::/::イ}イ/}ィ:::://イ⌒ヘ::::::::::::::::::::::      前者はともかく、後者については、
           |::}イ:Ⅵ} rfハ}イ/ r示ミ、}ィト{ヽ:::::::::::i     明治から大正の頃の武徳会の会誌で
           |::|:i:::}::ト ゞ゚'   弋zりイ:::::|イ::::::::::::|     .連載されていた記事だから、
         ノイ::::ハ∧ '        |:::::::::::::::i:::::′     信憑性を云々するようなものじゃないね。
       /:.:.}イ从}イ\ `  ´   イ::::ィ:::i::/:::/
      /:.:.:.:.:.:.:/   _≧-r‐ ' /イ从イ/イ/        尤も、著者は元尾張藩士だから、
     /:.:.:.:.:.:.:/ ,..::ー:.:':.:./ }    \           何の根拠もない訳でもないんだろうけど。
.  /:.:.:.:.:.:.:.;ィ:-‐':.:.:.:ヽ/ 、    _rf>=ヘ
  /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:/ヽ_´ ̄//.:-:.:‐.:.:\
. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./\ __... 7イ:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
. ゝ=ー- ---‐一 ¨7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:/:.:.:.:.:.:.:.:.:./
           {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:./
.            ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:./

550: やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/01/10(火) 00:41:39 ID:E4EF4O8Q0
                        _____  
                    ...:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.:.:... 
                   .:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.、 
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\         ともあれ、兵法熱心な主君の下、
                   .':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:ヽ       家中第一の兵法者として厳包は指南役を勤めていた。
                 /,:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.: 丶:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、.:.:.
                  /:i:.:.:i:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.、:.:.:. ハ:.:i        さっきの『昔咄』でも触れていたけど、
              /:':l:.:.:.l:.:i:.:!:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:. ト、:.:.:.:.:.:.!:.:.i:.:.:.:.i:.:.:.:.i:.:l      光義の後継となる三代藩主・徳川綱誠も
              ハi:.:l:.:.:ハ-:.、!:.:.:.:.:.:.l:.:.:./ ヽ:.:.:.:.l:.:.:l:.:.:.:.i!:.:.:.:l:.:!      .厳包に入門しているし、将来的にも
              ,. .-、l:.:.!:.:,ィfz、ヾ:.:.:.i:.:!:≠ー、_ ',:.: l:.:.:l:.:.:.:.l:l:.:.:.:l:.l      十分安定した立場だったと言える。
          ./: : : : l:.ヾ:l .r':心ヽ:.:ハ'.:/.ィfェ、 !:./:.:.:':.i:.:.:l:.l、:.:.lリ  
         /: : :ヽ : : 、 、! 弋ソ` ヾ }:´ r'し小 !:':.:./:.:ハ:.:.l:.l 、:.lー 、_      …では、そんな彼の、
        /: : : ‐:-ヽ : 、ハ    ,  ' 弋zン '/:.:.,:':.:/ }l:.:.!:l .l:.!: : : : :\   「その後」の話をしていくとしようか。
       /: : : : : : : : : :`ヽ ゝ  、_      イ /_'‐从:.:.:l/:': : : :,: : : :ヽ   
     /: : : :__: : : -': :―: : :`ー‐ `´ー:- ― -: ´: : : ヽ_ヽ:!:__ _:ノ:- ‐:-:、`、 
      /: : ´ : ´: : : : :, : : :´: : : : : : : : : : : : : : _: : : : ´`: : 、: : : : : : : : :  ̄` : : : ヽ
.    /:,: :': : : : :,: : :´: : : : : : : : : : : : :_ : -,: :´: : : : : : : : : : :` : : 、 : : : : : : : : : : : `、  
    ヽ : : : : : ´: : : : : : : : : : :_: : = '´: : : ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : ` : 、: : : : : : : : : :ヽ 
     \: : : : ___: : _=ニ: :´ : ノ ヽ __: : :=ー― --: : : : :___: : : : :`: :、: : : : : :_ノ 
        ̄         ̄                     ̄   ̄  ̄ ´

551: やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/01/10(火) 00:42:04 ID:E4EF4O8Q0
               ____
            ,.ィ ´: : : : : : : : : : : >、
.          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
       /: : : : : : : : : : :,、 : : : : : : : : : : : : : : ハ
       ,′: : : :{: : : : : : ! ヽ: : : : : : : : : l: : : : : '
       i: : : : :,イ: :! : : : ′ ヾヽ: : : : : : !: : : : : i
        l: : : : :ハ: l: : l: ' "´ ̄ヽハ: : : : : ト、 : : : ',       という訳で、今回はここまで。
       ': : : 斗‐l: l!: !i,′ rィf示ぅr: : :i: lィハ : : l:ハ     多分、次か、その次くらいで尾張柳生編も終わりかな?
       乂: : :l_ィrエ!:jノ    乂しリト,: :j!:l '7: : :!i: ヘ    まだ少し掛かると思うけど、付き合ってくれたまえ。
        l:ヽ:、:vヘしハ      " ´'l: : :lイ! /: : :リ:l ハ`
         i: : : ヾ, ゚ー' 、      j′: : f: j: : , :j!: :l      …晴れ着のAAがあれば、
       ,': : :i!: ハ       _ , 'l: : : :ノ:/: :/vリ: ノ     新年の挨拶は僕だったんだけどねえ。
      ,:/l: :j!: : :ト、    v´   ノ  lイ: ルイ: :///く'      .くっくっ。
        ′ゝ;、!:j、: : :r 、  `   ィ≦/!'//:////∧
           ` '{ r、: {ヾl≧ -イ///////{' //////l
             ` 冫´}///// / ///////////ヽ
               {Y/j//// /////////ィ< ̄ヽ,〉
                ハy/ヽr//////////´:::::::::::::::::::ハ
            ///ノ////////////::::::::::::::::::::::::::::l
           ///∧//////////{::::::::::::::::::::::::::::::!
           彡////}- ニ二ィ::´::::::ノ´:::::::::::::::::::::::::::l
            {/ィ/ハ:::::::::::::::::::::::::/´::::::::::::::::::::::::/::i           __ __¨ /
            "' i::::{::::::::::::::::::::::::i/::::::::::::::::::::::::/::::l             ._)  ._) \

552: やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/01/10(火) 00:53:09 ID:E4EF4O8Q0
 てなとこで、今回はここまでです。
お付き合いありがとうございます&お疲れ様でした>ALL

 さて、2017年最初の更新であり、
これでとうとう数えで9年目になってしまった訳ですが、
今年こそ本編は完結するであろうと思われますので、
もう少し、お付き合い頂ければ重畳ー。
(スレが完結するとは言ってない)

 今回は前回の続きであり、
尾張徳川家の剣術指南役として勤めていた頃の
厳包の逸話メインの話になります。

 明確な史料が少ないので、時系列が若干あやふやですが、
大体、慶安三年(1650)から寛文七年(1667)頃の話と見て頂ければ。
厳包26~43歳くらいの話になります。

 次回は、その後の話であり、
ようやっと厳包が「連也斎」を名乗れるシーンに近づいてきたのですが、
次回でそこまでいけるかどうかは、まあ、書いてみてからということで。

 ともあれ、皆様、今年もよろしくお願いしまする。
それではではー。

553: やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/01/10(火) 01:00:27 ID:E4EF4O8Q0

 ちなみに余談ですが、
星野勘左のAAをコブラにしたのは、相撲取りとの逸話で、

____________________________
          \            〃
 ヒューッ 見ろよ |             |
 やつの肉体を  .|             |   まさかよ
               |    ___xzzzzx、 l
 まるでハガネ  .|  r ´二三二二ニニニ}   しかし
 みてえだ!!  |  l二ニ二二二三三|   相撲取り(モハメド)には
              |  l二ニ二二三三三l   勝てねえぜ
 こいつは      |三{  ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 やるかも      |三ゝ          人
 しれねえ・ ・ ・   |ミ三三三三三三三三三z
              | ヾ=三三三三ニゝ、 ヽ彡´二ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´  { fエッ   rッ、 ∧ ∨ノ   `´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          _ -ハ  ̄     ̄r‐-、}-‐ ´三二ラヮzzュ______
        〃´  .ハ  λ_ ノ rzヒ匕_____三二==‐¨´
          l    ,イXX{ ノ_ ヽ  {ヽ   ヾソ三ミ、 {    人ノ_
       {    {XXXハ  ー‐   入    ノ  rう  从     }、
       |    lXXX{ハ_   _,-‐zz入  /   ー´  ヽ从   i )
       |    |XXX{ |三ュェ仁三{ ノxxl          } 人
.       从.   |XXX{{ l三才寸辷ニ{ }XXX{¨´ヽ      ノノ  `´
      〃    ハXXX{ `´ l l ヾソ ノXXXX>=-
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 とやりたかっただけなのですが、
柳生と関係ない話になるので諦めたというオチが。
(まあそれを言うと星野勘左自身、柳生家との絡みは特にないのですが、1コマくらい出したかったので)

 件の逸話については以下参照。

 【やる夫の剣豪ものがたり<その37大激怒>】
  ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-1722.html

 それではではー。

560: 1 :2017/01/14(土) 20:19:55 ID:to.VLn860
 どもどもです。
昨日今日とえらく寒いので参りま砂。
皆様も暖かくされると吉。

 さて、次の投下ですが、
いつも通り、明日の日曜(1/15)の21時を目標に頑張ってみたいところ。
上手く行けば、次で尾張柳生編の最後まで行けるかもというとこですが、
さて、どうなることやら。

 ではではー。

561: 1 :2017/01/16(月) 03:33:22 ID:wVncLuws0
 どもどもです。
どうもうまく行かなかったので、来週持ち越しにしまする。
申し訳なし…。

 あと、話が変わりますが、以前、紹介のあった
石神井公園での柳生もの企画展示に、追加展示が入った様子。

【石神井公園ふるさと文化館:「柳生もの」の系譜―時代小説へのいざない】
 ttp://www.neribun.or.jp/web/01_event/d_furusato.cgi?no=5646

>≪分室・期間限定≫分室コレクション展関連イベント「柳生家ゆかりの刀剣展示」を
>1月11日(水)から開催。尾張柳生家から五味氏へ贈られた脇指を展示。ぜひご覧ください!

 来週1/22(日)までやってるそうなので、気になる方はレッツ見学されると吉。
当方も来週辺りに行ってみようかしらんと。

 そろそろ1末ですから、毎年恒例の剣豪知名度ランキングもやらねばですし、
そこまでにできれば尾張柳生編は終わらせたいのですが、さてはて…。

 ではではー。

563: 1 :2017/01/22(日) 05:26:18 ID:.v/nFwm.0
 どもどもです。
こんな時間であり、既に日曜朝間近な訳ですが、
とりあえず予告というか、予定の連絡として、
何時も通り、本日21時を目処に、間に合えば投下したいところ。
ただ、微妙っぽいのでうーんこの。

 ちなみに、本日、例の石神井公園での柳生もの展示会に行ってきたですよ。
五味先生の生原稿や、尾張柳生の分家筋から五味先生に譲られた史料
(高田三之丞が自分の来歴を記した書付など他何点か)などがあり、個人的には非常に満足。
あと、柳生もの作品閲覧コーナーもあって、荒山作品も概ね揃ってて、うむうむと。
いや、良い展示でありました。オススメで砂。

 それではではー。

564: 1 :2017/01/23(月) 04:45:16 ID:MpuqVzLs0
 どもどもです。
どうも上手くいかないので、今回も駄目でした。
申し訳なし。

 おまけに、来週は一年ぶりの剣豪知名度ランキングをやるので、
来週は確定で無理ですが、あともうちょいではあるので、お待ち頂ければ。
ちなみに、去年のランキング結果はこちら。

【2016年版(第6回)剣豪知名度ランキング - Togetterまとめ】
 ttps://togetter.com/li/933187

 では、よろしければー。

566: 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 :2017/01/29(日) 11:47:46 ID:xAUQe1J60
上石神井公園の展示会見てきました。
小さなスペースで貴重なものがたくさん見れて面白かったです。
槍の穂先を短刀仕様にするリサイクル刀も見れましたし
五味先生の原稿の丸っぽくかわいめの文字が
内容とのギャップの差がありすぎた。
ご紹介ありがとうございました。

リイド社の無料配信サイトのLEEDカフェで
とみ新蔵さんの『柳生連也武芸帖』が無料配信されてます。
ttp://leedcafe.com/
お兄さんの平田弘史さんの『薩摩義士伝』も期間限定で見れます。

567: 1 :2017/01/30(月) 02:24:52 ID:.IafjIYM0
 どもどもです。
今週は一年ぶりの剣豪知名度ランキングをやると予告してた訳ですが、
どうにか投下が済んで、やれやれと。

 【2017年版(第7回)剣豪知名度ランキング】
  ttps://togetter.com/li/1075812

 このランキングにしても、元はこのスレの一発ネタから始まってるので、
ある意味、これもスレの更新と言えなくもないのではなかろうか(違う
結構意外な結果になったのでご興味があれば御覧頂けると吉。

 さて、これで今年のランキングは済んだので、
あとはなんとかスレの更新をせねばで砂。
もうちょいなのは確かなので、頑張るですよ。
ではではー。

>>566
 当方も教えてもらって行ってみたクチなので、
こうやって情報が伝わって、色々知見が広まるのは嬉しい事で砂。
どもどもですー。

569: 1 :2017/02/04(土) 23:59:50 ID:bC9RdQHQ0
 どもどもです。
先週は剣豪知名度ランキングでしたので、今週はどうにかしたいなあと。
明日の2/2(日)21時の投下を目標に頑張ってみたいところ。

 ではー。

570: 1 :2017/02/06(月) 04:46:01 ID:7OXXvIdU0
 どもどもです。
なかなか上手くいかず、今回も駄目であり、申し訳なし。
もうあと少しではあるのですが…むう。

 次、なんとかできればいいのですが。
ではでは。

572: 1 :2017/02/12(日) 07:31:53 ID:gh22RqRQ0
 どもどもです。
今回も尾張柳生編の最後まで書くのは難しそうなので、
どうしたもんかと思案してましたが、とりあえずもう一つくらいは
区切れそうなので、そこまで目指して書いてみようかと。

 目標は何時も通り既に本日な日曜21時ですが、
なるべく投下できるように頑張ってみる所存ー。
よろしゅうです。

 ではでは。

index

第三部_index

第三部_73後編_index