Hatena::Groupyagyuo

『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ(引き継ぎ版)

2009-03-19『やる夫で学ぶ柳生一族』73後編-19

『やる夫で学ぶ柳生一族』73後編-19

| 19:06 | 『やる夫で学ぶ柳生一族』73後編-19 - 『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ(引き継ぎ版) を含むブックマーク はてなブックマーク - 『やる夫で学ぶ柳生一族』73後編-19 - 『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ(引き継ぎ版) 『やる夫で学ぶ柳生一族』73後編-19 - 『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ(引き継ぎ版) のブックマークコメント

index

第三部_index

第三部_73後編_index

元スレ:やる夫で学ぶ柳生一族(やる夫スレヒロイン板版2)


623: やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/03/06(月) 02:14:01 ID:UdiyUtx20
                 __
           _ - ´: : : : : : : : : : :` ー 、
        _ - ´: : : : : : : : : :\: : : : : : : \\
      / : : : : : : : : : : : : : : :.:.ヽ: : : : : ::.:.:.:\\
     / : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.ヘ: :. : : : : : .:.:.ヽ.:\
   / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:ト: : : . : : : : .:.:.ヽ:..ヽ
  / : : ,: : : : : : : : :.i: : : : : : : : : : :.:.:.:!\: : ヽ: : . :.:.:.:.ヘ:.:ヽ
  /. : :/ : : : : : : : : :l: : : : : : : : : : :.:.,':|  \.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.ヽ
  !. :./: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : ,'.:.!    \:ヽ : :.、:.:.:!:.:.:.ヽ
 l: . .!. : : . : : . : : : :.!: : : : : : : : : : :,':./   _ゝ‐-: :|、:.!:.:.:.:.ヽ
 !. ..l. : . : : : : : : : : :|: : : : : : : : :l: イ;.!, -'"´    ト:.:.:!:l:..|:.:.:.:.:.:!
. !. . |: : : : : : : : : : : :ト; : : : : : : :.! l !イ       !ヽ |.!/:.:.:.:.:.:.:l
| : !: : : : : : :',: : : :, x-─ :.:...:.:l!.| レ    彡≠、k_ヾ:..r-、.:.:.:.:.!
. !: . .! : : : ヘ: : ,x '´: : ト、ヽ . :.:.:!レ    ー斗匕て',ラ゙:.:.:.:!., ヽ.:.:.:}         「江戸柳生への対抗心」
. l. . :.',: : : : :.X: :.ヘ-、:.::fヽ \_,'     "ヘっ_..::.ノ.! :.:.:.:k' /:.:.:.i
 !. : : ',: ヽ:.´.:ヽ、:.ヘ xz≠ミk           ゝ- ´ ! :.:.:.:.Y.:.:.:...ヘ
 l. : : : ヽ: ヽ、:.\X〈!ら::..:;.ぅ           |:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.|.:ヽ
  ',. : : : :.` -`_t xz、 ヘヒr- ´    、        |. :.:.:.:.:.!.:.:.:.:ト、.:ヽ
  l : : : : : : :.:..iヘしヽ           ,     ,.l :./:l./:.ィ:ハ.}  ー`
   ', : : : ヽ :.:.:.ヽ ニ >       ー "´     イi:.////ソ リ
   i; : : : :.ヽ: .:.:.::.:.:.:..:.:.ヽ、 _           / リ/iイ'
    }: : :ト: :、ヽ:.:\.:.:.:.:..:.:.:.:.、ニ ― t - '   │
    | : :.ヽヽ:.ー 、_ヽ_Zー‐ ̄ー` i        ' ,
    l: ハ:トヘ  ̄          ;;A;;;;'  〆'" ̄ '''''`ヽ
   // ゙ー            /{:{ //:::::::::::::::::::::::::::::::、
                 /::{'l :レ'"/::::::::::::::::::::::::::::::__li
               ,/j::::::{'l レ '"::::::::::::::::::::::::/::::;;;''''::::::`ヽ、
              ,/:::::/::::::;;ル''"::::::::::::::::::::::::/'':::::::::::ァ ‐ヽ::::::::::::`ヽ
        ァ''":::::::::/::://::::::::::::::::::::/rー-、::::::::{ ∂ )::::::::::::::::::::::::::::::')、

624: やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/03/06(月) 02:15:29 ID:UdiyUtx20
                            ......            _,. - ''  ̄ ̄ `ヽ、_
                                       _  '´             `ヽ
                                    , '´                    \
                                 _, イ´                      ヽ
                                ´ ̄/   / ./                      ',
 …わからない。                        / ′/.l  ′ .|      ヽ          |
                            ......   ./ .!  ,' l l    |  '.       ',     l    |
 伝奇でならともかく、当時の常識で言えば、   .  .,' /l  | .! ハ    |.   ヽ      |     |     |
尾張柳生家という家は紛れもなく分家。         l ′! ハ トl.ハ   ト、   ヽ.    !       l    !
流派の上でも、「御流儀」である江戸柳生とは    |′ l トヽ.l.イヽ'.,  ! _ヽ.__,,..lヽ.,,__|      .l    ,'
格式でも規模でも格段の差がある。        .     ', ハ ハ l'::;! ヽ.',  \上_ ``!      ,'   /
                            ......     ヾ `l l ┘  `  ´|テ;;;;::ミ>.|     ハ ,イ / 
 そもそもの差があり過ぎて、          ......          |.ハ.  ′     r'_;;;/  l   / リ./ l/
対抗する意味があると思えない。.         .         ', lヽ  .、        |  ./ '´/ ′
説明を求める。                          .   Vl  \       _,..′ ./,.イ/
                                       ヾ    `ー zニ ´_/ /ソZヘ
                                          / ̄´    // ̄   ノー


   ̄:.:.:.:.:.:.:.......
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
  :./:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
  :.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:./:.:.:j:.:.:.:.ヽ
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i!:.:.:.:.:.:.
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.j:.:.:.:.:.:.:.
  :.:.:.′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.:.:.:.:.         敢えて言えば、本編の話の通り、「意地」だね。
  :./:.:.:.:.:.:.:.′:.:./y \:.:.:.:.!:|:.ハ        これはね、もう意味や理屈の問題じゃない。
  :V:.:|:.:.:.:.:.:l:.:./ ′ l}:.:.:.:ノ!:|:.:∧
  Y:.l:.:.:.:.:.:l{:.! ゙ミミry:.イ:./イ:.:イ} ヽ       「本来なら、我が家こそが本家・本流だった筈」
  ′:.:.:.:.:.:ハ{   ゙ ′´ ′:.l
  :.:.|!:.:.:.:.:.| ゙゙    (:.:.:.:.:リ          という厳勝以降の無念故、という>>1の推測だよ。
  :.:.|:.:.:.:.:.:|         ゝ:.:.i|
  :.:.|:.:.:.:.:.:|  ,   /:.:.:.:.|          だからこそ、僅かでも江戸柳生家に対し、
  :.:.|:.:.:.:.:.:|  `」⌒┤:.:.:.:.:.|         「尾張の方が江戸より上だ」と主張し得る根拠になる
  :.:.|:.:.:.:.:.:|  l ′ ハ_:.:.:.:八         「長男の血筋」「伊勢守以来の流派の正統」を分散させる訳にはいかない、
  :.:.|:.:.:.:.:.:|ー i |  j /  ノー、 `        と厳包が考えた結果、という話だね。
  :.:.|:.:.:.:.:リ  | ー / /  / ー,
  :.リ:.:.:.:./   |  ー/  / ,イ!
            |    lー/_ /j
         、   !    /

625: やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/03/06(月) 02:16:39 ID:UdiyUtx20
                __
                ,. <: : : : : : : >. . .、
              ,ィ´: : : : : : : : : : : : : : : : \
         //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
.         /: /: : :/ : : : : : : : : : / : : : : ハ: : ハ
        /: /: : :/ : : : : : : : : : ∧: : : : : : ハ: :ハ
.        ′ : : /: : : : :/: : : : :/   ',: l: : : : :i: : :ハ       実際、厳包の後継となった厳延以降から、
         ,: l: : : ′: : :ノ: : : : ノ -‐十ト : : : i: : ! l
.       /: j: : : l' :_/イ : ィ/      l:ハ: : : リ: :j: i       「本来なら我が家こそが柳生本家だ」
      /: : 乂: :l{kぅ示くr、′  ,ィf示trlァ: : l: ,イ: l!       「新陰流の正統は尾張にこそある」
     ,イ: : l: : ト,: ハ乂:zり       乂zり八: ソ/: : ハ
    /,ィ{: : ! : !、 从  ̄     .:l    ̄/: : : /l: :/ 八      という記述が史料に出始める。
    ´  }: : :i: : : `ヽ`            /:ノ: :/´ / : : ∧    「正傳新陰流」に掲載されている厳延が書いたという
       リゝ: : : : : : :ゝ   v‐  ァ , ィ: : :ノ{l: : /: : : ,リ `
          ヽ:r 、: : : > 、   ‐ イr : : : : !: /ィ_,ノノ′     『源ノ頼朝公以来の柳生惣領附の本領を
           ` `ヽv/ハ! ` ー ´ !ハイ' ´ ´           .叔父(宗矩)押して譲り申さず』
             ,.ィ:::/ ゝ_  _/ヽl::ヽ、
        _,. ィ:/:::::i{   /Yヽ    l:::::ハ:::>...、        という一文や、『昔咄』にある
      ,.<::::::::::;':::::::lヽ _,/、,、_ 〉、 /!:::::::i::::::::::::::ヽ
     i:\::::::::::;:::::::::i 、ーr=ー-` ´<l::::::::',:::::::::::::::j:l      『上泉より但馬守宗厳へ相伝の巻物・印可共に
.      !:::::::i:::::::i:::::::::l r'r彡ニ´    `ヽ:::::,::::::::::/:::i       .皆々如雲相伝し家に伝ふ。
.     l:::::::∨::l::::::::::ト ー r⌒r 、_ / ハ:::i::::{:://::′      (略)これら江戸の柳生家になき由』
      i:::::::::}:::l::::::::::ハヽ  ` ´ / {    L:l::::f::::::::l
        、:::::::l:::\::/::::, \ ,/ r゚ <:::::ハl::::i::::::::i       という話などが典型だね。
       v:::::!:::/::::::::',   `′ f::::::::::::::::::j:マ:j:::::::j

                            .              _  --- .
                                 二ニ=---=ニ二:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶
                                  > 二:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ー:.、:.:.:.:、:.:.:.ヽ
                                 ム:'´:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:、:.:.:.:.\:.:ヽ:.:.;'⌒ヽ
 現在、史料で見つかっているうちでは、   .     //:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.ト、_:\:.:.:.、:.:.:.V:.:,:.:八_
兵庫助本人が自家こそ柳生本家だと     .    ./イ:./:.:.:.:.:.:.:. /|:.ム<ーミ:.ハ:.:.:.:.V:.:ヽ:.:.:.\
主張するような文章は無かった筈。  .   ..   / ./:/:.:/:.:i:.:.:./ .|/  x示らミヽ!:.:.:.:.:ト、:.:.\:.r一
                            .     |∧/:.:.:.|:.:ム    'ヘしリ_,  !:.:.:.:.:.V:.二ニ=-一
 時代が流れて、当事者が皆死んだのに、        ./:.,|:.:.Ⅵx芋   ‘¨´   |:.:.:.:.:.: Y:.:.:.:.:ハ!
対抗心だけが残されてしまったということ?   ..    .i:.:.|\:.Y'伐!,       ノィ:.:.:.:.,、!:.:.:.ト{
                            .       ヽ|  マ:.ハ   _,、  -'´ :|:.:.:./:.|:ハ/
 …それは「呪い」と言うのでは。                _∠ィ:八   `´    . : |:.:/|: 从、  , -―- ._
                                        V:.:.:> .  _, 、: : |/ ヽノ   ̄ .=ニ芯 \
                                     /:,イ:.:.:,{ `¨´}人ヽ/  /    ./ニニニニム.  \
                                       |/ .|:.:/ )   / _ノ  /    /ニニニニニ ム  ⌒

626: やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/03/06(月) 02:17:48 ID:UdiyUtx20
                      ........-―-.........._
                   .....::´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:::..
               .....:´.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.
             〃:/.:.:.:.:.:.:.:i.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
           /:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:!.:.:.:.:.:.:i.:.|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
             /:/ i:.: :.:.:.:.:.:/`ヽ!.:.:.:.:.:.:|.:.|.:.:i.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|      かもね。
           八:i/}|:.:.:.:.:.:.; 、,,__\i.:.:.|.:.|.:.:l.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
          // 从.:.:.:.:./ ´ 斤刈.:. i.:リ.:リ.:.:.:.: !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!      でも、「だからこそ」尾張柳生家は、
         ,∠∠/.:.:.:ヽ/    以リ'j.:.:.:/.:/-、.:.:.リ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{     この平成の現代に到るまで、兵法の家としての姿を
        / -- , }:./::/込    ,,, /.:.:./.:/  }:/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.    .保ち続けていられたのでは、とも思うんだよ。
      /  `ヽ i_j/i.:.i.:.:.ハ`ー __,厶イ.:./__彡'.:.:.:.:./.:.:.:.:/.:.:.:.从
      /  /入j 八:i.:.:{.:∧_、_厶.:.彡'/.:.:/:.:.:./.:.:.:.:/.:/.:./  ヽ    呪いであれなんであれ、
     .i  ノイ     ヾ '´  ヾi  _}   厶ィ⌒7イ.:.:./厶仏イ      「長男の血筋」「新陰流正統」を
    .ノi//!        . - . /「 ̄ ̄ ̄入  i/          家のアイデンティティとして掲げたが故に、ね。
   / ´ /: :.:|         /: : //{   /:/:.
  ...ヽ/: : : :.:|      /: : //__}_彡: :/ : : : :.
    {: : /: : : :i       /:./ ノ「 /: :/ : : : : : : :.
.    ∨ : : : ∧   厂:./ /__ノ': : : /: : : : : : : : : :.}


                                 : : : : : : : : : : :. :. :. :. :.i: : : :.\
                                 : :. :.i: : : i:|: : : : : : : : :ト : : : ト \
                              i  :  : :. :.|: : : !: i: : : : : : : :小:.:.i:.|  ` ヽ
                              |  :.  : :i: :ハ: : :. :.!: : : : : :./: :| | :|:.|
 その方向性を決定付けたのが、         |  :. :.: :.:レ′: : : : : : : : :x.:.: :.:|:.! l! |
庶子の三男である厳包というのは、       !  : : イ : : : : : /: : : :γ 〈:i: i/ : ハ|
皮肉が過ぎるように思える。          i   : :/ |/: : : : /: : :./ |i  八 l: :/  }
                        ∧ ∨  ヽ./ : !: : : : : : : イヘ代_从:.:ル′
 いや、むしろ、「だからこそ」     ...  ヽト、:i  }' : : : : : : : /    小: :ハ
正統性にこだわったの…?      ...   } ハヽ   : : : : :i〃      イ: |:Ⅳ
                           八   ハ:.:.从{  .:   ´ }从|
                        .   x‐}∧{ }'___{二     }
                          /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. 乂
                        /: : : : :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :>

627: やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/03/06(月) 02:18:40 ID:UdiyUtx20
                  __
              _.. .:.:.¨:.:.:.:.:.:.:.`:..  、
           , .:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 丶
.       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ                   …まあ、ここまで書いておいてなんだけど、
      , ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.`ー- _              単純に、
       /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.ト、:.:.:.、:.、`ー  ̄
.       ′:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.':.:.:.:.:.:/:.:,':.:.:.:.:.:.:|:. , ヽ:.:.:.!:.:.ト、:ヽ               「厳包は兄・利方を慕っていたので、
     |:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:./!:.:.l!:.:.:.:.:.:.:|:.,'  __V:.:!:. ハ \: 、             .兄を差し置いて自分が継いだ道統を、兄の家に返した」
     |:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.':.tヤフ「ミ .:!:.:.:.:.:.:.// ´   V:.:.:.:.ト、 ヽ!
     |:.:.:.:.:r从:.:.:.!:.l!:./ |:.:/ | :.:.:/ ′   /:.:.:.:. | \              という話にした方が通りはいいんだけどね。
.       !:.:.:.: | { ,v:.:i!/,,,ィf伃テトミ/  ,,rf示7 ,' :.:.:.:.:.:|   ヽ            「江戸柳生への対抗心」を挙げるのは、
       :.:.:.:人 こヾ!:! 弋z辷ノ     ヒ..::ノ i:.:.:l!:.:.:.:!   ,}_           .半ば伝奇に足を突っ込んだ説だというのは、
.      v:.:.:.:.≧‐ヘ  ,,,,       ,  ,,,, ,':.:.:l|:.:. ′ /:::::::\         重ねて書いておこう。
.        ∨, ‐‐-ミヽ     、__,    , イ:.:.:.,'|:.:/ゝ .....:::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::i:.|> _        イ :.|:.:./ |:/〈 :::::::::::::::::::::::::::::: \      ミもフタもなく言うと、ここまで書いたのも、
.       /::::::::::::::::::::::| |!}  ≧=‐-‐<-‐‐ y'!/ ,′ .ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::: \    「だってその方が面白いから」が最大の理由だしね。
      /:::::::::::::::::::::: 从リ{  ` /   ,}、乂 `ー-‐‐=‐ \::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
.     /::::::::::::::::::::::::::| У   ー 、 / 〉 }!::`:::::::::::::::::::::::::`丶:::::::::::::::::::::::::::::::::\
    {::::::::::::::::::::::::::::|:::::〉 Yxxxxxxxxxxxxxx :(::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |::::::::::::::::::::::::::::| :/,::└============!:::丶::::::::::::::::::::::::::::::マ::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
    |::::::::::::::::::::::::::::|//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::/


                      ....../.:.:.:.:.:.::.:: : : : : : :: : ::ヽ、
                        :.:.:.:/:.::./.:.:./:.:.:.:.:.:.::.:. ;: ::.ヽ
                        ::: ::|.:.:.:i|:.:./ |:.:li、:.:.∧:.:.:.::ヽ.
  最後にブン投げるのはよくない。  : :: !.:.:. ||/--l/ |ノ--l:.: .:.lヾ、
 謝罪を要求する。             : ::(|:.:.:.:| ‐‐   ‐-│::.:/
                      ......::::::.!:.:.: |    |   l.:.:.|
   「ごめん」              ....Ⅵヘ.:.:.:l   ‐‐   /.:.ノ 
                           \ヽ、 _ , イ!::/
                          / ヽ{  ト、ヽ l:′
                         ∧\  マ三ソ| \
                        ./: : \\ ヾ-〃 /∧

628: やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/03/06(月) 02:19:22 ID:UdiyUtx20
               ____
            ,.ィ ´: : : : : : : : : : : >、
.          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
       /: : : : : : : : : : :,、 : : : : : : : : : : : : : : ハ
       ,′: : : :{: : : : : : ! ヽ: : : : : : : : : l: : : : : '         …ともあれ、こうして厳包は、
       i: : : : :,イ: :! : : : ′ ヾヽ: : : : : : !: : : : : i        武士としての家(厳包家)を己一代のみとし、兵法者としては
        l: : : : :ハ: l: : l: ' "´ ̄ヽハ: : : : : ト、 : : : ',        兄の子である厳延を後継とすることに決めた。
       ': : : 斗‐l: l!: !i,′ rィf示ぅr: : :i: lィハ : : l:ハ
       乂: : :l_ィrエ!:jノ    乂しリト,: :j!:l '7: : :!i: ヘ       主君や門弟たちも
        l:ヽ:、:vヘしハ      " ´'l: : :lイ! /: : :リ:l ハ`      厳包の血筋が絶えるのは惜しい、と翻意を促したけど、
         i: : : ヾ, ゚ー' 、      j′: : f: j: : , :j!: :l      彼の意志は強かった。
       ,': : :i!: ハ       _ , 'l: : : :ノ:/: :/vリ: ノ
      ,:/l: :j!: : :ト、    v´   ノ  lイ: ルイ: :///く'        次はいよいよ、利方と厳包、
        ′ゝ;、!:j、: : :r 、  `   ィ≦/!'//:////∧       尾張柳生の兄弟二人の物語の最期だ。
           ` '{ r、: {ヾl≧ -イ///////{' //////l
             ` 冫´}///// / ///////////ヽ
               {Y/j//// /////////ィ< ̄ヽ,〉
                ハy/ヽr//////////´:::::::::::::::::::ハ
            ///ノ////////////::::::::::::::::::::::::::::l


                    ..             . -―――- .._
                                 ´     .. -―≧、-- ..
                                   _..z‐ ´ ‐ .ニ=  ー 、.\
                               _ .. -‐ラ' / ´ / / ! ! \:.ヽ. ヽ.
                                /://   / /ィ | |    V  .ハ
 そして、厳包が、ようやく               _,._. -ァ' /  :/ /,.イ  リ | :|:  i!:  l: i
一般に世に知られる名を名乗ることになる。  ̄  /  :!  :i.|.イ :/|  ,イ:/! .イ: l l !:. |:|
                    ..             /./ ,l|:l_|_ム_j/| l/j/ j_i_|j__|:ト| } リ!: l
 …ここまで来るのに随分掛かったけど、 ...  /イl! /.|小从「}イ`Y′ ´j'-_「jハリ./イiハ: ト、
後は最期まで物語るだけ。    .        ー'/ lハ小.ハ:V笊示ミ   '7筰:カラ.´} / .ハ:{ \
                    ..               /:l!|ハ トヽVュリ       辷ソ //}': /  ヽ
 では、本編に戻る。       ...           /イ lハ :ヽト\   丶  イ/ムイ:/
                                ノ'/ / ハ小:iト.、   ‐.‐ /イ :/イハ{
                                   / |lハハ|リ`iァi -- 彳ィ/7|′
                                        リ/´j!_}ムフ   /トl、
                                ,、-、弋¨´:. :. :{__ __ __}:. :` ーァ-、_

629: やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/03/06(月) 02:19:46 ID:UdiyUtx20


                         -‐……‐-ミ
                  /: : : : : : : : : : : : : \
                  ,:'´: : : : : : : : : : : : :.`ヽ: : ,        今回はここまでだ。
               /: :/: : /:/:/: :i : : : : : : : ',: ‘,     流石に次で終わるとは思うんだが、
                 {: : i:/l/レ'i/ \丶、: : }:.i: : i     世の中、絶対はないからねぇ…。
               \{ ─     ─ `ト: /:ノ: : |
          ε -   从   、_,、_,   ムイ´: : 从      まあ、気長に見守ってくれ給え。
               /イハ≧=‐- -‐=≦レイレ、イトヘ     くっくっ。
              ⊂⌒V´::/:|V V|ヽ:::::::ヽ /⌒つ
               マ7::::ヘ、|ヽ /|/::::、::::::V ̄::7                 .__ __¨ /
                ヽ::::ノi:::! ' !::::::::\:::::::/                   ._)  ._) \

630: やる夫で学ぶ柳生一族(その73・後編) :2017/03/06(月) 02:32:03 ID:UdiyUtx20
 てなとこで、今回はここまで。
相変わらずこんな時間ではありますが、お付き合い頂いてる方がおられれば、
ありがとうございます&お疲れ様でした>ALL

 今回は解説だけになってしまいましたが、
厳包が「嫁取りをしなかった理由」というか、
「己一代で自分の家を閉じた理由」について、
当方の見立てだとこんなもんかしらんと。

 実際、「昔咄」の記述だと、主君含む周り全員から
「変に女性断ちするのは却って体に良くない」とか
「お前程の奴が跡継ぎ作らないのは勿体無いから嫁を取れ」とか言われてるのに
断固として断ってる訳で、まあ頑固な人で砂。
「諒に季世の異人」と言われるだけはあるなと。

 この解説書くに際して、史料が出てこず、
探すのに時間が掛かってこの有様ですが、
流石に次こそは最後まで書けるはずなので、なんとか頑張りたいところ。
尤も、本業が結構えらいことになってきてるので、
ちと見通しが微妙になってるのがアレですが、まあなんとか。

 それではではー。

647: 1 :2017/03/11(土) 21:55:19 ID:i4cp/rHY0
 どもどもです。
「あと2回で終わり」を3回くらい書いてるような気がしますが、
多分今度こそだと思うのですが、それはともかく、
次も目標としては、何時も通り、明日(3/12)の21時にしたいところ。
ただ、最近割とバタバタしてるので、投下できたらやりたいなあという程度で
見て頂ければ。すみませぬ。

 ではではー。

649: 1 :2017/03/13(月) 04:05:32 ID:MySSJWj20
 どもどもです。
結局この時間でもどうにもならずであり、申し訳ない。
来週は三連休なので、どうにかなったらいいなあと思うものの、なかなかなんとも。
とはいえ、なるたけ頑張る所存。

 ではー。

651: 1 :2017/03/18(土) 21:46:11 ID:Pwqbbn/c0
 どもどもです。
今回は三連休なのでどうにかなりそうな気もするのですが、
別件で仕事が入ったので、ちとどうなるか不明。
とりあえず月曜(3/20)夜21時を目標に致したくー。

 ではでは。

652: 1 :2017/03/21(火) 02:15:24 ID:d0RJ0iFQ0
 どもどもです。
気が付けば3連休が終了してしまい、おお、もう…。
仕事で予想外に時間を食ってしまい、ちと更新まで手が廻らず。
申し訳なし…。

654: 1 :2017/03/25(土) 21:52:31 ID:msFMYepo0
 どもどもです。
ちと仕事が詰まってきてるので、今週も無理そうです。
せめて年度内でラスト1回を残すのみに持ち込みたかったのですが…。
すみませぬ。

 あと少しなので、どうにか更新したいのですけど、うーんこの。
ではでは。

656: 1 :2017/04/01(土) 21:28:40 ID:LFTdhzWI0
 どもどもです。
前回休みでしたけど、今回もすみませぬ。
というか、下手すりゃこれ10末までこの状況が続きそうで、どうしたものかと思案中。
まあ、あと2回なので、どこかで投下は出来るとは思うのですが、なかなかなんとも。
申し訳なし。

 尤も、この期に及んでエラらせる気は毛頭ないので、
一応、週一の報告だけは続けまする。
ではー。

659: 1 :2017/04/09(日) 06:13:55 ID:PHysIx6Y0
 どもどもです。
こんな時間ですが、兎にも角にも現状をば。
今のところ、少なくとも今週と来週は無理そうで、
GWに1回チャンスがあったらいいなあという有様であり、なんとも滅入りま砂。
どうにもこうにも。

 なんかもうホントに状況報告だけであり、すみませぬ。
ではー。

662: 1 :2017/04/22(土) 22:59:54 ID:mVOdKRj60
 どもどもです。
現状、こんな塩梅な毎日でアリマス。

                ガガガガッ!
    ______
   / もぐらたたき ヽ       "⌒ヾ、
   | ______|  i!ヘ
   | |HIT HIT HIT l |  /,,i/  lヽ,,lヽ i! r―、
   l  ̄ ノ( ̄ 从  ̄  ,ノ ヾi!`O (    )O=|il! l!
   |\ ̄∩ ̄∩ ノ( ヽ∩ (   G_ソ ヽ、 (⌒) i|!
   |  \~~   lll~ ∩~~ ノノ i!    / ,__づ `´
   |   \~~  ~i!  ~~ ヽ     'ー'′
   |     \ ~~  ~~   ヽ     ;;
   |        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     ;
   |____|       Θ   |    ,
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 連発する問題を16連打ばりに叩けッ叩けッ叩けッとするものの、
全然収まらないので、おお、もう…と。
まあ、一応土日は休めてるだけマシなのですが、
その分、平日の帰宅が終電と始発の二択しかない有様であり、
しかも、来月くらいから更に仕事が増えるかもしれないので、
遠からず大炎上不可避な気がしますが、とりあえず今だけは寝かせてくれと。

 そんな有様なので、まだしばらく無理そうです。
連休も全部はないにせよ、何日かは出ざるを得ないかもしれんので、
どうにもこうにも。

 またちまちま報告しつつ、状況が好転したら
どーにか更新したいところ。

 ではではー。

664: 1 :2017/05/06(土) 19:17:48 ID:6x0100jg0
 どもどもです。
諸々ご心配お掛けしてすみませぬ。

 こちら状況は相変わらずな有様というか、
多分連休明けからキリコと共に地獄に行くような趣ですが、
今この時の休みだけは確保できてるので、明日、久々に更新してみようかと。
目標は毎度の5/7(日)の21時ということで、これでなんとか尾張柳生編を終わらせ、
最終章を残すだけに持ち込みたいなあと。

 なんとか頑張りたく。
ではではー。

index

第三部_index

第三部_73後編_index